2006.02.09

マッシュルーム由来の菌類を配合したホームピーリング剤 ジョンソン・エンド・ジョンソンが発売

 ジョンソン・エンド・ジョンソンは、ピーリング成分として一般的に配合される“酸”の代わりにマッシュルーム由来の菌類を配合した新しいタイプのピーリング剤「RoC ピーレックス ラディアンス」を3月1日に発売する。

 ピーリングとは、顔のくすみを消し、透明感や輝きを取り戻すために、肌表面にとどまった古い角質や角栓を取り除く皮膚剥離術のこと。通常はAHA(アルファヒドロキシ酸、通称フルーツ酸)やBHA(サリチル酸)といった酸を使い、古い角質を溶かし出すという方式が一般的だ。

 同社では、より安全で手軽な方法を模索した結果、肌が本来持っている成分で、角質の剥離・脱落を促すカセプシンD酵素(タンパク質分解酵素)に着目。これと似た働きをする、マッシュルーム由来の菌類「ムコル ミエヘイ エキス」を配合した。

 ジョンソン・エンド・ジョンソン・U.S.Aが2004年、73人の女性を対象に行った臨床試験データによると、この商品を週2回(最初の週のみ3回)のペースで継続して使用したところ、シワは10週間で平均24%減となった。これは、同社基準の「肌年齢」に換算して平均13.3歳の若返りにあたることが確認されたという。

 使用法は、洗顔後の乾いた顔全体にサクランボ1個分の量を薄く延ばし、そのまま5〜10分放置したあと、ぬるま湯でしっかり洗い流すというもの。週に2〜3回の使用が目安という。希望小売価格は40mLで3990円。(蓬莱明子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:116
  2. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:197
  3. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:5
  4. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:48
  5. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:0
  6. 初期臨床研修の内容・評価基準が大幅改定へ 7科必修化、コミュニケーション能力などの評価が追加 FBシェア数:40
  7. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:31
  8. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:157
  9. 耳症状のみ、ANCA陰性でも注意深く観察を ANCA関連血管炎性中耳炎を学ぶ FBシェア数:0
  10. 血圧ビッグデータからエビデンスは作れる インタビュー◎上島弘嗣氏(滋賀医科大学アジア疫学研究センター) FBシェア数:55