2006.02.08

新しいB肝治療薬テルビブジンが欧州で申請、わが国は開発検討中

 スイスNovartis社と米Idenix社は2月7日、新しい慢性B型肝炎治療薬であるテルビブジン(LTD600)の販売認可申請を欧州で行ったと発表した。米国でも最近申請しており欧米では揃って申請段階に来たことになる。なお、Novartis社の発表では鍵となるアジア市場でも2006年の第1四半期に申請するとしているが、その中には日本は含まれない。わが国では開発検討中の段階だ。

 テルビブジンは1日1回経口投与するヌクレオシド誘導体。欧州での申請はGLOBEと名付けられた臨床試験の1年間の試験結果を基に行われた。GLOBE試験は現在も進行中の2年間のフェーズ3試験で、チェコ、フランス、ドイツ、ギリシャ、イタリア、ポーランド、スペイン、トルコ、英国など20カ刻112の施設で行われており、現在の標準療法であるラミブジンとテルビブジンの比較を行っている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:142
  2. NHKさん大丈夫?ベルソムラで糖尿病予防って くめやすはるの「健康番組タメツスガメツ」 FBシェア数:565
  3. 院長を落胆させた「即戦力新人」の仕事ぶり 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:2
  4. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  5. 米国医療に憧れる君へ 愛のハリセン FBシェア数:129
  6. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:69
  7. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:322
  8. その点滴を止めろ! DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:15
  9. 「誇大広告」とはいったい何だったのか? 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  10. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0