2006.02.08

【インフルエンザ速報】流行が東日本に広がる、警報レベルは44都道府県287地域に――インフルエンザレベルマップ2006年4週分から

 国立感染症研究所の感染症情報センターが2月7日に発表した2006年第4週(2006年1月23日〜1月29日)のインフルエンザレベルマップによると、東日本のインフルエンザ流行がさらに広がった。インフルエンザ様疾患の定点あたり報告数(医療機関あたりの患者数)は、全国平均で警報レベルを超える32.4になった。

 警報レベルを超えた地域は、山形県、山梨県、高知県を除く44都道府県の287地域に拡大した。その分、注意報レベルだけを超えた地域は、43都道府県の233カ所と、第3週の315カ所から減少した。

 流行は全国に広がっており、東日本でも警報レベルを超えた地域がさらに増えている。都道府県別では、福井県(58.3)、愛媛県(48.6)、静岡県(46.1)、宮崎県(45.8)、愛知県(45.0)、佐賀県(44.2)、鳥取県(43.2)、兵庫県(43.0)、三重県(42.5)、広島県(42.2)などが多い。

 2005年第36週以降に検出されたインフルエンザウイルスは、ソ連型(AH1)が154件、香港型(AH3)が793件でB型は3例となっている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127