2006.02.08

【インフルエンザ速報】流行が東日本に広がる、警報レベルは44都道府県287地域に――インフルエンザレベルマップ2006年4週分から

 国立感染症研究所の感染症情報センターが2月7日に発表した2006年第4週(2006年1月23日〜1月29日)のインフルエンザレベルマップによると、東日本のインフルエンザ流行がさらに広がった。インフルエンザ様疾患の定点あたり報告数(医療機関あたりの患者数)は、全国平均で警報レベルを超える32.4になった。

 警報レベルを超えた地域は、山形県、山梨県、高知県を除く44都道府県の287地域に拡大した。その分、注意報レベルだけを超えた地域は、43都道府県の233カ所と、第3週の315カ所から減少した。

 流行は全国に広がっており、東日本でも警報レベルを超えた地域がさらに増えている。都道府県別では、福井県(58.3)、愛媛県(48.6)、静岡県(46.1)、宮崎県(45.8)、愛知県(45.0)、佐賀県(44.2)、鳥取県(43.2)、兵庫県(43.0)、三重県(42.5)、広島県(42.2)などが多い。

 2005年第36週以降に検出されたインフルエンザウイルスは、ソ連型(AH1)が154件、香港型(AH3)が793件でB型は3例となっている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:172
  2. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 75歳女性。構音障害、左共同偏視 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:648
  5. コデイン類含有製剤、12歳未満は禁忌に まずは「重要な基本的注意」で注意喚起、2019年から全面禁忌 FBシェア数:292
  6. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:101
  7. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  8. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:69
  9. 末梢神経障害へのエパルレスタットに要注意 セキララ告白!個別指導 FBシェア数:74
  10. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:217