2006.02.07

インドネシアで一挙に4人がH5N1感染確定例に

 世界保健機関(WHO)は2月6日、インドネシア保健省が新たに4人のトリインフルエンザ(H5N1)感染の確定例を発表したことを伝えた。このうち、2人は死亡しており、インドネシアにおけるH5N1感染者は累計23人、うち死亡者は16人になった。

 確定例のうち、最近感染した3人はいずれも西ジャワ在住者。この地域では鳥類における感染の再流行が報告されている。

 西ジャワ在住の患者は、1月26日に死亡した22歳の男性、2月1日に死亡した15歳の少年と、1月19日に入院した9歳の少女の3人で、いずれも発症前に自宅や勤務地の近隣で家禽との接触があった。

 3番目の9歳の少女は、現在では全快している。この少女は1月23日に発表された姉弟の発症例(いずれも死亡)の近隣の村に在住しており、姉弟の発症に伴って行われたサーベイランスで感染が確認された。

 このほか、昨年秋に感染し、その後回復したスマトラ島ランプン州在住の5歳の男児について、このほど、H5N1感染が確認された。発症時と快復後の抗体レベルの比較から確定例であることが判明したもの。

 WHOの感染症流行速報はこちらで閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:11
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:470
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:568
  5. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:127
  6. 野菜食べてる? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:83
  7. 難治性慢性咳嗽にボツリヌスが効く!? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:52
  8. 広がる安易な帝王切開、母体死亡率高まる危険性 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:27
  9. 金属に対する生体吸収ステントの優位性示せず Lancet誌から FBシェア数:94
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:132