2006.02.07

インドネシアで一挙に4人がH5N1感染確定例に

 世界保健機関(WHO)は2月6日、インドネシア保健省が新たに4人のトリインフルエンザ(H5N1)感染の確定例を発表したことを伝えた。このうち、2人は死亡しており、インドネシアにおけるH5N1感染者は累計23人、うち死亡者は16人になった。

 確定例のうち、最近感染した3人はいずれも西ジャワ在住者。この地域では鳥類における感染の再流行が報告されている。

 西ジャワ在住の患者は、1月26日に死亡した22歳の男性、2月1日に死亡した15歳の少年と、1月19日に入院した9歳の少女の3人で、いずれも発症前に自宅や勤務地の近隣で家禽との接触があった。

 3番目の9歳の少女は、現在では全快している。この少女は1月23日に発表された姉弟の発症例(いずれも死亡)の近隣の村に在住しており、姉弟の発症に伴って行われたサーベイランスで感染が確認された。

 このほか、昨年秋に感染し、その後回復したスマトラ島ランプン州在住の5歳の男児について、このほど、H5N1感染が確認された。発症時と快復後の抗体レベルの比較から確定例であることが判明したもの。

 WHOの感染症流行速報はこちらで閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239