2006.02.06

近畿中央胸部疾患センター、結核ワクチンがサルで効果、GMPグレードの製剤で試験中

 近畿中央胸部疾患センターの岡田全司(写真)らの研究グループは、HVJリポソームベクターに結核菌の熱ショックたんぱく質65(HSP65)のDNAとインターロイキン12(IL12)のDNAを封入した結核ワクチンを開発、カニクイザルで感染防御効果を確認した。現在、GMPレベルで製造したHSP65DNA、IL12DNAを封入したHVJエンベロープ・ベクターを用いてカニクイザルで感染防御試験を行っている。BCGは成人には有効でないため、成人に効果のある結核ワクチンが求められている。岡田氏らが開発したワクチンはその有力候補となる。成果は2月3日に大阪府豊中市で開催された第4回遺伝子治療国際シンポジウムで発表された。
 
 HVJリポソームベクターは、センダイ・ウイルス(HVJ)のゲノムRNAを取り去った空のウイルス粒子に、プラスミドDNA、アンチセンスDNA,、そして蛋白などを包み込み、細胞にまぶすことによって、細胞内に導入させるもの。HSP65、IL12のDNAを封入したワクチンは、マウスを用いた実験で、BCGよりも100倍強いワクチン効果を示した。また、モルモットを用いた実験でも有効性を示した。

 カニクイザルを用いた実験では、3週間置きに3回ワクチンを接種し4週間置いて結核菌を5×102個投与し、1年間追跡調査を行った。その結果対照群が約240日目で4頭とも死亡したのに対し、ワクチン投与群では4頭中2頭が400日以上生存することができた。リンパ球の増殖反応や体重増加も確認できた。さらにBCGでワクチンしてからHVJリポソームを利用したワクチンを接種したところ、HVJリポソームを利用したワクチンを単独投与するよりも効果が高く350日目でも100%生存させることができた。

 また、岡田氏らは組み換えBCGワクチンの開発も行っている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1