2006.02.06

HIV患者のT細胞のCCR5を破壊する臨床試験が米国で今年末に開始

 米Sangamo BioSciences社は、DNA結合構造であるジンクフィンガーとヌクレアーゼを結合した製剤(ZFN)のエイズ患者を対象としたフェーズ1/2臨床試験を2006年終わりに開始する計画だ。2月3日に大阪府豊中市で開催された第4回遺伝子治療国際シンポジウムで同社Vice President,ResearchのPhilip Douglas Gregory氏(写真)が発表したもの。

 ZFNは配列特異的に結合するたんぱく質とヌクレアーゼの一種であるFokIの酵素活性ドメインを融合させたもの。エイズ治療用のZFNは、HIVがT細胞に感染する場合の補助受容体であるCCR5を標的にしている。患者から取り出したT細胞のエレクトロポレーションでZFNを取り込ませ、CCR5を破壊させたT細胞を患者に戻すというものだ。対象となるのは抗HIV薬による強力な併用療法(HAART)を受けてHIV-RNAが安定的に検出される患者。CCR5を破壊したT細胞を1×1010個投与することを1回から3回行う。試験の主目的は安全性の評価だが、CCR5を破壊したT細胞の動態、HIV-RNAのレベル、CD4陽性T細胞数の評価も行う計画だ。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54