2006.02.06

HIV患者のT細胞のCCR5を破壊する臨床試験が米国で今年末に開始

 米Sangamo BioSciences社は、DNA結合構造であるジンクフィンガーとヌクレアーゼを結合した製剤(ZFN)のエイズ患者を対象としたフェーズ1/2臨床試験を2006年終わりに開始する計画だ。2月3日に大阪府豊中市で開催された第4回遺伝子治療国際シンポジウムで同社Vice President,ResearchのPhilip Douglas Gregory氏(写真)が発表したもの。

 ZFNは配列特異的に結合するたんぱく質とヌクレアーゼの一種であるFokIの酵素活性ドメインを融合させたもの。エイズ治療用のZFNは、HIVがT細胞に感染する場合の補助受容体であるCCR5を標的にしている。患者から取り出したT細胞のエレクトロポレーションでZFNを取り込ませ、CCR5を破壊させたT細胞を患者に戻すというものだ。対象となるのは抗HIV薬による強力な併用療法(HAART)を受けてHIV-RNAが安定的に検出される患者。CCR5を破壊したT細胞を1×1010個投与することを1回から3回行う。試験の主目的は安全性の評価だが、CCR5を破壊したT細胞の動態、HIV-RNAのレベル、CD4陽性T細胞数の評価も行う計画だ。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:68
  2. 67歳男性。心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:73
  4. 糖尿病合併高血圧は尿蛋白陰性ならCa拮抗薬も 特集◎生活習慣病 7つの新常識《2》 FBシェア数:5
  5. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:550
  6. 130/80mmHg超えたら高血圧?患者数急増へ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《1》 FBシェア数:60
  7. 母親の終末期を巡る兄弟の葛藤への対処法 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:113
  8. 第二世代抗ヒスタミン薬:アレグラ人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  9. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:414
  10. 「人生の最終段階に関するGL」改訂へ 3月末までの改訂予定で、厚労省がたたき台を提示 FBシェア数:65
医師と医学研究者におすすめの英文校正