2006.02.03

サンスターが虫歯予防のためのオーラルケアライン「sunstarDO」を発売へ

 サンスターでは、虫歯予防のためのオーラルケアライン「sunstarDO(サンスタードゥー)」シリーズを2月23日に発売する。

 新発売されるのは、歯磨き剤、歯磨き後の仕上げリンス、歯ブラシ、オーラルケアキャンディーなど7種。

 歯磨き剤「sunstarDOペースト」には、フッ素とともに、「還元パラチノース」と「酸化亜鉛」を配合した。フッ素には、虫歯菌が出した酸によって溶け出したエナメル質を修復する(再石灰化)作用がある。還元パラチノースは、フッ素の働きを助けて歯へのカルシウムの取り込みを促進する。サンスターのデータによると、フッ素だけが存在する場合に比べ、還元パラチノースとフッ素がともに存在する場合にはカルシウムの取り込みが1.6倍になったという。

 また、酸化亜鉛は、既に歯の中に存在するカルシウムが溶け出す(脱灰)のを防ぐ作用を持つ。フッ素だけを含む歯磨き剤と、フッ素と酸化亜鉛の両方を含む歯磨き剤で歯磨きした場合、フッ素だけの歯磨き剤に比べ脱灰が1.8倍抑制されたという。

 歯磨き後の仕上げリンス「sunstarDO仕上げリンス」には、グルコン酸カルシウムが含まれており、歯にフッ素を留まらせる。これにより就寝前の歯磨き後に使うと再石灰化に効果がある。

 「オーラルヘルスキャンディー」は、フッ素を含む緑茶抽出物を配合した飴。再石灰化を促進するには、常に口の中にフッ素が存在する状態にしておくことが望ましいが、この飴で、歯磨きと歯磨きの間に口の中にフッ素を供給しようという狙いだ。

 サンスターでは、これまで歯周病予防ラインの「G・U・M」を展開しているが、今回の虫歯予防ラインの追加でオーラルケア全体の強化を図った。(武田京子、フリーライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176