2006.02.03

紫外線A波をしっかりカットする鉄含有新成分配合の日焼け止め、 ロート製薬が開発、2月15日から全国発売

 ロート製薬は、肌ダメージの原因となる紫外線を広い波長域でカットする日焼け止め「オレゾ(Orezo)」シリーズを2月15日に全国発売する。紫外線のうちでもカットが難しかった長波長域(紫外線A波)までしっかり遮断できる「スーパーUVカット成分」を新たに採用した。

 地上に降り注ぐ紫外線には波長が短めのB波と長めのA波があり、ともに肌の老化を促進する。このうち、B波は主に肌表面が赤くなる“日焼け”を引き起こし、肌の遺伝子を傷つけシミを作る。一方、紫外線の量でいうと約8割を占めるA波は、肌の奥深くまで侵入し、シミを濃くするうえに、肌の弾力のもとであるコラーゲンやエラスチンを壊す。水分保持力を落とし、肌の弾力を低下させ、シワなどの原因にもなる。

 従来、紫外線B波のカットについては高SPF(B波カット力)の製品が多数存在していたが、紫外線A波については高PA(A波カット力)の製品は少なかった。そこで、ロート製薬では紫外線A波の対策として、「オレゾ」に「スーパーUVカット成分」を採用した。これは、既存のUVカット成分である、高密度コーティングの酸化亜鉛の骨格はそのままに、新たに鉄原子を加えた成分。同社製品情報部学術情報グループの力石正子マネージャーは、「酸化亜鉛と酸化鉄を組み合わせることによって、より強力に紫外線、特に肌の老化のもとになるA波をカットする効果が期待できるようになった」と話す。

 同社研究所で、皮膚モデルを用いて、紫外線A波のカット率を比較したところ、従来のUVカット成分に比べ、新成分はカット率が約1.6倍にアップしたという。

 同シリーズでは、ほかにメラニンの産生を抑え、肌のキメを整える、δトコフェロール、ビタミンC誘導体、真皮で肌の活力のもとになる植物性コラーゲンも配合している。「紫外線による肌のダメージを抑えるだけでなく、ダメージを受けた肌をフォローする力も持った、いわば日焼け止め美容液のような商品」と力石マネージャー。

 日焼け止め乳液「オレゾ パーフェクトディフェンスUV」(SPF50+、PA+++)は500mL、2625円と27mL、1575円の2タイプ。化粧下地としても使える日焼け止めクリーム「オレゾ フェイスプロテクトUV」(SPF50、PA+++)は30g、2625円。全国のドラッグストア、薬局などで販売される予定だ。(熊 介子、日経ヘルス)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3