2006.02.02

FDAが狭心症の新しい治療薬を10余年ぶりに承認

 米国食品医薬品局(FDA)は1月31日、慢性狭心症の治療薬として、Ranexa (成分名:ラノラジン)を承認した。狭心症の治療薬としては、10余年ぶりの承認だという。ラノラジンはQT間隔を延長する作用があるため、長時間作用性の硝酸塩やカルシウムチャネル拮抗薬、β遮断薬といった従来の狭心症治療薬に反応しない人だけが投与の対象となる。

 治験では、カルシウムチャネル拮抗薬を服用しながらも、週に約4.5回の狭心症発作のある565人を2群に分け、ラノラジンとプラセボをそれぞれ6週間投与した。その結果、ラノラジン群では狭心症発作がおよそ週1回減ったという。

 もう1つの治験は、カルシウムチャネル拮抗薬またはβ遮断薬のいずれかを服用している狭心症患者823人を対象に、12週間行った。その結果、ラノラジン群ではプラセボ群に比べ、トレッドミル試験で運動能力の改善が見られた。また、両者の治験でラノラジンの効果は、女性において低い傾向が見られたとしている。

 Ranexaの製造元は、CV Therapeutics社(カリフォルニア州パロアルト)。詳しくは、FDAのプレスリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  2. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  4. 腰椎手術後に低酸素脳症、麻酔医らの過失認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:431
  6. なくならないアカハラ、学外機関設置で予防を 記者の眼 FBシェア数:28
  7. これからは早期からの在宅ケアの時代? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:72
  8. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:132
  9. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:45
  10. 逆流性食道炎のリスク因子に男女差あり 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2