2006.02.02

FDAが狭心症の新しい治療薬を10余年ぶりに承認

 米国食品医薬品局(FDA)は1月31日、慢性狭心症の治療薬として、Ranexa (成分名:ラノラジン)を承認した。狭心症の治療薬としては、10余年ぶりの承認だという。ラノラジンはQT間隔を延長する作用があるため、長時間作用性の硝酸塩やカルシウムチャネル拮抗薬、β遮断薬といった従来の狭心症治療薬に反応しない人だけが投与の対象となる。

 治験では、カルシウムチャネル拮抗薬を服用しながらも、週に約4.5回の狭心症発作のある565人を2群に分け、ラノラジンとプラセボをそれぞれ6週間投与した。その結果、ラノラジン群では狭心症発作がおよそ週1回減ったという。

 もう1つの治験は、カルシウムチャネル拮抗薬またはβ遮断薬のいずれかを服用している狭心症患者823人を対象に、12週間行った。その結果、ラノラジン群ではプラセボ群に比べ、トレッドミル試験で運動能力の改善が見られた。また、両者の治験でラノラジンの効果は、女性において低い傾向が見られたとしている。

 Ranexaの製造元は、CV Therapeutics社(カリフォルニア州パロアルト)。詳しくは、FDAのプレスリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 90歳女性。内視鏡検査中の急な心停止 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:24
  2. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:85
  3. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:28
  4. 救急病院が勤務医による在宅医療を重視する理由 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《1》 FBシェア数:266
  5. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待 FBシェア数:2
  6. 早期退院促す国策に追い込まれ…赤字の危機に 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:49
  7. 胸を手で押さえた後に生じた<一過性意識消失> 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:76
  8. 論文を正しく読むのはけっこう難しい NMO STORE レビュー FBシェア数:1
  9. 焦ると大声が出る院長、パワハラ加害者に? 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:47
  10. エクアの便秘ではアレを疑え!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:31
医師と医学研究者におすすめの英文校正