2006.02.02

FDAが狭心症の新しい治療薬を10余年ぶりに承認

 米国食品医薬品局(FDA)は1月31日、慢性狭心症の治療薬として、Ranexa (成分名:ラノラジン)を承認した。狭心症の治療薬としては、10余年ぶりの承認だという。ラノラジンはQT間隔を延長する作用があるため、長時間作用性の硝酸塩やカルシウムチャネル拮抗薬、β遮断薬といった従来の狭心症治療薬に反応しない人だけが投与の対象となる。

 治験では、カルシウムチャネル拮抗薬を服用しながらも、週に約4.5回の狭心症発作のある565人を2群に分け、ラノラジンとプラセボをそれぞれ6週間投与した。その結果、ラノラジン群では狭心症発作がおよそ週1回減ったという。

 もう1つの治験は、カルシウムチャネル拮抗薬またはβ遮断薬のいずれかを服用している狭心症患者823人を対象に、12週間行った。その結果、ラノラジン群ではプラセボ群に比べ、トレッドミル試験で運動能力の改善が見られた。また、両者の治験でラノラジンの効果は、女性において低い傾向が見られたとしている。

 Ranexaの製造元は、CV Therapeutics社(カリフォルニア州パロアルト)。詳しくは、FDAのプレスリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1