2006.01.31

トルコのH5N1感染、WHOの詳細検査での陽性確定は21人中12人

 世界保健機関(WHO)は1月30日、トルコでトリインフルエンザ(H5N1)感染確定者として報告された21人について、英国のWHO協力研究機関で再検査を実施したところ、陽性が確認できたのは21人中12人だったと発表した。

 当初、アンカラの研究機関で陽性とされた他の9検体については、アンカラと英国の両研究機関が共同で精査を進めているが、陽性を確認できない(inconclusive)か、または陽性反応が微弱だったとしている。

 これらの症例については、患者の症状などをもとに感染の有無を最終的に確認するという。検査結果が食い違ったことについて、WHOでは、流行の最中に検体が殺到する状況で、診療のために迅速な結果提出が求められる状況では、(正確な診断には)困難が伴う、とコメントしている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:159
  4. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:52
  5. 「学会の指針を転載したら金を払え」は正当か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:127
  6. その図表、そんなタイトルじゃ伝わりませんよ 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:37
  7. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:138
  8. 病理、リハビリテーション科、臨床検査の研修プログ… Cadetto Special●新専門医制度、各科の動向 FBシェア数:24
  9. 慢性的な膝の痛みに効く漢方 幸井俊高の「漢方薬 de コンシェルジュ」 FBシェア数:19
  10. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:169
医師と医学研究者におすすめの英文校正