2006.01.31

【まさかの時の医事紛争予防学】訴訟にいたる可能性が高いとき、医療側がとるべき行動は

 患者との間にトラブルが発生したとき、特に訴訟にいたる可能性が高い場合には、医療側はどのような行動をとるべきなのだろうか。

■ まず窓口の一本化を

 院内の体制を整えることがまず肝要になる。具体的には、対応窓口を一本化することが第一歩。

 事務部門の責任者を担当者に任命し、相手から連絡があった場合は、必ずこの担当者が対応する体制をとるべきだ。

 担当者の役割は、窓口業務であり、先方との連絡調整の業務に徹すること。初めて相手側から連絡があったときはもちろん、その後についても連絡があったらそのたびに、院長への報告をする。

 相手側からの要求として想定されるのは、責任者との面談である。ではだれが面談に出席すべきかだが、初回は院長、あるいは病院の場合は部長クラス以上の医師が対応するのが大切だ。誠意を示すという意味合いが強い(詳しくは有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」で提供しています)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート FBシェア数:150
  2. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:27
  3. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:190
  4. 「医療機関で麻疹拡散」は何としても防ぎたい パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:101
  5. 「入院は嫌」94歳患者に肝膿瘍が生じたら… 新田國夫の「直伝・高齢者診療の極意」 FBシェア数:37
  6. セレコックスが増えたのは薬剤師のせい!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:55
  7. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊 FBシェア数:66
  8. 切除不能膵癌のconversion surger… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:10
  9. ゲノムに基づく戦略に進化した肺癌診療 特集◎癌ゲノム医療がやって来る《1》 FBシェア数:21
  10. 高強度スタチン治療で末梢動脈疾患の転帰改善 Circulation誌から FBシェア数:34
医師と医学研究者におすすめの英文校正