2006.01.30

【更新】吸入インスリンが欧州に続き米国でも承認

 米国食品医薬品局(FDA)は1月27日、米Pfizer社の吸入投与型インスリン「Exubera」を承認した。パウダー状の遺伝子組み換え型インスリンを吸い込むもので、成人1型、2型糖尿病が投与の対象となる。FDAでは、「吸引インスリンの登場で、血糖値のより適切なコントロールにつながる、より多くのオプションを患者に提供できるのではないか」としている。前日の1月26日には欧州委員会からExuberaの販売認可を獲得しており、欧米で相次いで承認を獲得したことになる。

 Exuberaは、1型糖尿病の場合には、従来の短時間作用性インスリンに代わって投与し、長時間作用性インスリンはこれまで通り投与することになる。また2型糖尿病の場合には、経口の糖尿病治療薬や長時間作用性インスリンと、Exuberaを併用することになるという。

 約2500人の成人1型・2型糖尿病の人を対象に行った治験では、投与後に血中インスリン値がピークに達するまでの時間は、従来の注射によるインスリンが平均105分(測定値幅は60〜240分)だったのに対し、Exuberaでは平均49分(同30〜90分)と、より短時間だった。

 なおExuberaは、喫煙者や6カ月以内に喫煙を止めた人は使用できないという。また、喘息、気管支炎、気腫のある人も、使用すべきではないとしている。詳しくは、FDAの[ニュースリリースhttp://www.fda.gov/bbs/topics/news/2006/NEW01304.html]まで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)


更新:製品写真を掲載しました

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:594
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:66
  3. 何気ない言葉の効果 じたばたナース FBシェア数:3
  4. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:351
  5. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:72
  6. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:531
  7. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:481
  8. 見逃し注意!コニール分2の適応違い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:36
  9. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  10. 左主冠動脈狭窄ではCABGがPCIに勝る Lancet誌から FBシェア数:153