2006.01.30

ヒガシマル醤油、しょうゆに含まれる多糖類のアレルギー抑制効果を確認

 ヒガシマル醤油はこのほど、しょうゆに含まれる多糖類が、花粉アレルギーなどに関与するサイトカインのバランスを整える作用があることを動物実験などで確かめたと発表した。既に同社では、2004年から2005年にかけて、花粉アレルギーや通年性アレルギーに対するしょうゆ多糖類の効果をヒト臨床試験で実証しているほか、ヒスタミンの遊離抑制効果を動物実験で確認している。今回は、より上流の免疫調節系への作用を調べた。

 新たな研究では、飼料にSPSを添加してマウスに自由摂取させ、2週間飼育した後、腹腔内マクロファージと脾細胞のサイトカイン濃度をみる試験(in vivo)と、マウスの腹腔内マクロファージと脾細胞にSPSを加えて共培養するin vitro試験を実施した。

 その結果、SPS添加群では対照群に比べ、腹腔内マクロファージにおけるグルコース消費量が約3割、有意に増加していた。また、ヘルパーT細胞の関連サイトカイン濃度については、SPS添加群が対照群に対し、マウス脾細胞におけるインターロイキン(IL)4が約6割減少した一方で、インターフェロン(IFN)γは7割増加し、Th1/Th2の比率は対照群の3.5倍になったという(いずれも有意)。

 同社では2月4日に開催される日本農芸化学会関西支部講演会で、これらの試験結果について発表する予定だ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:863
  2. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:5
  3. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:254
  4. 動かなくなって気付く…左母指の重要性 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:32
  5. 高齢2型糖尿病患者の薬剤選択、どう判断する? 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:198
  6. 「脱水」は2つに大別して考える カデット特集●シーズン前に押さえよう 脱水の基本 FBシェア数:263
  7. 使い捨て医療機器は「再利用」から「再製造」へ インタビュー◎院内での中途半端な洗浄・滅菌はやめよう FBシェア数:196
  8. 患者指導にとって言葉は聴診器以上に大切だ 追悼◆日野原重明氏《インタビュー再録》 FBシェア数:991
  9. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. 予約制で1日40人、念願のきめ細やかな診療実現 ルポ:50代の転職(3)◎完全予約制の小児科を開業 FBシェア数:102