2006.01.30

ヒガシマル醤油、しょうゆに含まれる多糖類のアレルギー抑制効果を確認

 ヒガシマル醤油はこのほど、しょうゆに含まれる多糖類が、花粉アレルギーなどに関与するサイトカインのバランスを整える作用があることを動物実験などで確かめたと発表した。既に同社では、2004年から2005年にかけて、花粉アレルギーや通年性アレルギーに対するしょうゆ多糖類の効果をヒト臨床試験で実証しているほか、ヒスタミンの遊離抑制効果を動物実験で確認している。今回は、より上流の免疫調節系への作用を調べた。

 新たな研究では、飼料にSPSを添加してマウスに自由摂取させ、2週間飼育した後、腹腔内マクロファージと脾細胞のサイトカイン濃度をみる試験(in vivo)と、マウスの腹腔内マクロファージと脾細胞にSPSを加えて共培養するin vitro試験を実施した。

 その結果、SPS添加群では対照群に比べ、腹腔内マクロファージにおけるグルコース消費量が約3割、有意に増加していた。また、ヘルパーT細胞の関連サイトカイン濃度については、SPS添加群が対照群に対し、マウス脾細胞におけるインターロイキン(IL)4が約6割減少した一方で、インターフェロン(IFN)γは7割増加し、Th1/Th2の比率は対照群の3.5倍になったという(いずれも有意)。

 同社では2月4日に開催される日本農芸化学会関西支部講演会で、これらの試験結果について発表する予定だ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:6
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  3. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:93
  4. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1788
  5. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  6. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:49
  7. 臨床研究法が臨床研究を撲滅する 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:9
  8. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:407
  9. 患者の同意なく雇用先に診療情報漏示は違法 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  10. はしかを診たこと、ありますか? わかる!院内感染対策 FBシェア数:84