2006.01.27

新しいチロシンキナーゼ阻害型抗がん剤がGISTと腎がん対象に米国で認可

 米食品医薬品局は1月26日、米Pfizer社のチロシンキナーゼ阻害型抗がん剤スニチニブ(製品名:Sutent)を進行性もしくはイマチニブ耐性の消化管間質腫瘍 (gastrointestinal stromal tumor : GIST)と進行性腎細胞がんの治療薬として販売認可したと発表した。

 スニチニブはPDGFRβ、VEGFR2、KIT、RET、FLT3の複数の分子を標的とした抗がん剤。GISTを対象にした試験では、癌が増大するまでの時間(TTP)が非治療群が6週間だったのに対して27週間になるなどの効果が確認できている。腎細胞がん患者ではがんの縮小効果が確認されている。サイトカイン療法を行っても進行する転移性腎臓がん患者の26%から37%で腫瘍縮小効果がみられた。

 スニチニブはわが国ではフェーズ2/3臨床試験が行われている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1707
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:198
  3. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:113
  6. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  7. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:110
  9. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:53
  10. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:175