2006.01.27

新しいチロシンキナーゼ阻害型抗がん剤がGISTと腎がん対象に米国で認可

 米食品医薬品局は1月26日、米Pfizer社のチロシンキナーゼ阻害型抗がん剤スニチニブ(製品名:Sutent)を進行性もしくはイマチニブ耐性の消化管間質腫瘍 (gastrointestinal stromal tumor : GIST)と進行性腎細胞がんの治療薬として販売認可したと発表した。

 スニチニブはPDGFRβ、VEGFR2、KIT、RET、FLT3の複数の分子を標的とした抗がん剤。GISTを対象にした試験では、癌が増大するまでの時間(TTP)が非治療群が6週間だったのに対して27週間になるなどの効果が確認できている。腎細胞がん患者ではがんの縮小効果が確認されている。サイトカイン療法を行っても進行する転移性腎臓がん患者の26%から37%で腫瘍縮小効果がみられた。

 スニチニブはわが国ではフェーズ2/3臨床試験が行われている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:172
  2. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 75歳女性。構音障害、左共同偏視 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:648
  5. コデイン類含有製剤、12歳未満は禁忌に まずは「重要な基本的注意」で注意喚起、2019年から全面禁忌 FBシェア数:292
  6. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:101
  7. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  8. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:69
  9. 末梢神経障害へのエパルレスタットに要注意 セキララ告白!個別指導 FBシェア数:74
  10. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:217