2006.01.27

新しいチロシンキナーゼ阻害型抗がん剤がGISTと腎がん対象に米国で認可

 米食品医薬品局は1月26日、米Pfizer社のチロシンキナーゼ阻害型抗がん剤スニチニブ(製品名:Sutent)を進行性もしくはイマチニブ耐性の消化管間質腫瘍 (gastrointestinal stromal tumor : GIST)と進行性腎細胞がんの治療薬として販売認可したと発表した。

 スニチニブはPDGFRβ、VEGFR2、KIT、RET、FLT3の複数の分子を標的とした抗がん剤。GISTを対象にした試験では、癌が増大するまでの時間(TTP)が非治療群が6週間だったのに対して27週間になるなどの効果が確認できている。腎細胞がん患者ではがんの縮小効果が確認されている。サイトカイン療法を行っても進行する転移性腎臓がん患者の26%から37%で腫瘍縮小効果がみられた。

 スニチニブはわが国ではフェーズ2/3臨床試験が行われている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい FBシェア数:435
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:94
  4. 「医師に労基法は適用されない」と言われました 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  5. 今夜の夜勤は宿直手当でOK? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  6. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:107
  7. 三杯酢で超早期胃癌の発見ができる! 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:2
  8. 給与は年功で順当にアップ、その先は… Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  9. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. AIはあくまで医師の診断を助ける良きツール 特集◎人工知能は敵か味方か《医師のホンネ3》 FBシェア数:65