2006.01.27

予防接種の副作用報告回数を増加へ、医学的に意味のある情報も提供

 厚生労働省の第11回予防接種に関する検討会が1月27日に都内で開催され、予防接種の副作用報告の活用に関する意見などが出された。

 予防接種による健康被害の発生状況の定期的な把握については、94年から予防接種後健康状況調査と予防接種後副作用報告が行われているが、年1回であるために迅速な対応ができないという意見が委員から出された。また、内容も件数だけで、病状や科学的な背景などを書き込んだもので、ウェブなどで公開することが望ましいという意見も出された。

 厚生労働省は出された意見を受けて、以下の4点の対応を考慮するとしている。
(1)副反応報告及び健康状況調査の結果を定期的にウェブ上に公開する。
(2)公表の際には、因果関係が否定される紛れ込み事例等を可能な限り精査し、医学的にも意味のある情報を提供する。
(3)副反応報告及び健康状況調査の評価回数を増やす(年4回)
(4)薬事法上の副作用等報告についても、医薬食品局安全対策課と適宜情報交換を行うことにより情報を共有するとともに活用方法についても検討を行う。

 この他、検討会では都道府県の役割として、国の都道府県への通知をより正確かつ迅速に市町村に伝えることを望む意見が出された。委員の間からは、4月から新たに定期の予防接種として乾燥弱毒生麻疹風疹混合ワクチンが導入されるが、医療従事者や一般市民に十分情報伝達が行われていないとする指摘もあった。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:6
  2. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:8
  3. 日本人NVAFのための脳梗塞リスクスコア開発 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:1
  4. β遮断薬:カルベジロールに4割弱の支持集まる NMO処方サーベイ FBシェア数:103
  5. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:12
  6. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  7. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0
  8. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:9
  9. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:303
  10. 心房細動のないHFpEF患者の一部は高率で脳卒中… Eur Heart J誌から FBシェア数:108