2006.01.27

予防接種の副作用報告回数を増加へ、医学的に意味のある情報も提供

 厚生労働省の第11回予防接種に関する検討会が1月27日に都内で開催され、予防接種の副作用報告の活用に関する意見などが出された。

 予防接種による健康被害の発生状況の定期的な把握については、94年から予防接種後健康状況調査と予防接種後副作用報告が行われているが、年1回であるために迅速な対応ができないという意見が委員から出された。また、内容も件数だけで、病状や科学的な背景などを書き込んだもので、ウェブなどで公開することが望ましいという意見も出された。

 厚生労働省は出された意見を受けて、以下の4点の対応を考慮するとしている。
(1)副反応報告及び健康状況調査の結果を定期的にウェブ上に公開する。
(2)公表の際には、因果関係が否定される紛れ込み事例等を可能な限り精査し、医学的にも意味のある情報を提供する。
(3)副反応報告及び健康状況調査の評価回数を増やす(年4回)
(4)薬事法上の副作用等報告についても、医薬食品局安全対策課と適宜情報交換を行うことにより情報を共有するとともに活用方法についても検討を行う。

 この他、検討会では都道府県の役割として、国の都道府県への通知をより正確かつ迅速に市町村に伝えることを望む意見が出された。委員の間からは、4月から新たに定期の予防接種として乾燥弱毒生麻疹風疹混合ワクチンが導入されるが、医療従事者や一般市民に十分情報伝達が行われていないとする指摘もあった。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:53
  2. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  3. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:22
  4. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:287
  5. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  6. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:90
  7. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:244
  8. 地域医療連携推進法人の運用ガイドライン決まる 制度の内容がほぼ確定、4月2日にも第1号認可か FBシェア数:8
  9. 昨年11月時点の7対1病床、半年間で6105床減 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:8
  10. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385