2006.01.26

大塚の抗精神病薬「エビリファイ」が承認取得

 大塚製薬は1月25日、非定型抗精神薬アリピプラゾール(製品名:エビリファイ)の承認を23日に取得したと発表した。

 アリピプラゾールはドパミンD2受容体に対しパーシャルアゴニストとして働く点が、他の抗精神薬とは異なる統合失調症の治療薬。脳内でドパミンが大量に放出されているときには抑制的に働き、ドパミンが少量しか放出されていないときには刺激する方向で作用する。このためドパミンの異常によって起こると考えられている統合失調症の陽性、陰性症状などを改善する。

 アリピプラゾールは、大塚製薬が1988年に発見、開発し、2002年11月に統合失調症の治療薬として米国で製造販売承認を獲得、現在までに欧州を含め40カ国異常で発売されている。全世界の売上高は1500億円を超えている。なお、日本、アジア、エジプト以外の地域においては、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社と共同で販売を行っている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:177
  2. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:10
  4. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:145
  5. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:34
  6. 塩野義製薬の新規抗インフルエンザ薬、第3相臨床試… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:250
  7. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:27
  8. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 抗菌薬使用最適化にクリニカルパス見直しが効く 事例研究◎院内で活躍する感染制御部 FBシェア数:94
  10. 皮膚膿瘍は切開排膿後の抗菌薬で治癒率上昇 NEJM誌から FBシェア数:2