2006.01.26

大塚の抗精神病薬「エビリファイ」が承認取得

 大塚製薬は1月25日、非定型抗精神薬アリピプラゾール(製品名:エビリファイ)の承認を23日に取得したと発表した。

 アリピプラゾールはドパミンD2受容体に対しパーシャルアゴニストとして働く点が、他の抗精神薬とは異なる統合失調症の治療薬。脳内でドパミンが大量に放出されているときには抑制的に働き、ドパミンが少量しか放出されていないときには刺激する方向で作用する。このためドパミンの異常によって起こると考えられている統合失調症の陽性、陰性症状などを改善する。

 アリピプラゾールは、大塚製薬が1988年に発見、開発し、2002年11月に統合失調症の治療薬として米国で製造販売承認を獲得、現在までに欧州を含め40カ国異常で発売されている。全世界の売上高は1500億円を超えている。なお、日本、アジア、エジプト以外の地域においては、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社と共同で販売を行っている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:11
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:470
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:568
  5. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:127
  6. 野菜食べてる? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:83
  7. 難治性慢性咳嗽にボツリヌスが効く!? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:52
  8. 広がる安易な帝王切開、母体死亡率高まる危険性 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:27
  9. 金属に対する生体吸収ステントの優位性示せず Lancet誌から FBシェア数:94
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:132