2006.01.26

大塚の抗精神病薬「エビリファイ」が承認取得

 大塚製薬は1月25日、非定型抗精神薬アリピプラゾール(製品名:エビリファイ)の承認を23日に取得したと発表した。

 アリピプラゾールはドパミンD2受容体に対しパーシャルアゴニストとして働く点が、他の抗精神薬とは異なる統合失調症の治療薬。脳内でドパミンが大量に放出されているときには抑制的に働き、ドパミンが少量しか放出されていないときには刺激する方向で作用する。このためドパミンの異常によって起こると考えられている統合失調症の陽性、陰性症状などを改善する。

 アリピプラゾールは、大塚製薬が1988年に発見、開発し、2002年11月に統合失調症の治療薬として米国で製造販売承認を獲得、現在までに欧州を含め40カ国異常で発売されている。全世界の売上高は1500億円を超えている。なお、日本、アジア、エジプト以外の地域においては、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社と共同で販売を行っている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. 78歳女性。主訴:激しい胸痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:173
  3. 医療者の「献身的な労働」に甘えていませんか? 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:146
  4. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話 FBシェア数:399
  5. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:160
  6. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:606
  7. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:285
  8. いまの医師の好みはベンツよりハイブリッド車 医師1000人に聞きました FBシェア数:207
  9. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
  10. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:1