2006.01.26

大塚の抗精神病薬「エビリファイ」が承認取得

 大塚製薬は1月25日、非定型抗精神薬アリピプラゾール(製品名:エビリファイ)の承認を23日に取得したと発表した。

 アリピプラゾールはドパミンD2受容体に対しパーシャルアゴニストとして働く点が、他の抗精神薬とは異なる統合失調症の治療薬。脳内でドパミンが大量に放出されているときには抑制的に働き、ドパミンが少量しか放出されていないときには刺激する方向で作用する。このためドパミンの異常によって起こると考えられている統合失調症の陽性、陰性症状などを改善する。

 アリピプラゾールは、大塚製薬が1988年に発見、開発し、2002年11月に統合失調症の治療薬として米国で製造販売承認を獲得、現在までに欧州を含め40カ国異常で発売されている。全世界の売上高は1500億円を超えている。なお、日本、アジア、エジプト以外の地域においては、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社と共同で販売を行っている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ピロリ除菌中の薬疹、早期対応で重症化を防げ リポート◎2〜5%で出現する薬疹をどうする? FBシェア数:13
  2. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:7
  3. 50歳代男性。発熱、呼吸困難、左下腿疼痛 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. マッチング中間、大学首位は不動の東京医科歯科 「医師臨床研修マッチング2017」中間結果ランキング FBシェア数:409
  5. カロナール細粒が10月中旬にも品薄状態に 原薬供給停止の影響で FBシェア数:1194
  6. 25歳女性。外陰部の結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  7. 妊娠高血圧症候群の定義と病型分類が改訂 学会トピック◎日本妊娠高血圧学会 FBシェア数:220
  8. ビデオに映った自分の接遇に衝撃を受けた職員 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  9. 「研修医にやる気がない」「教えるとウザがられる」… 学会トピック◎日本病院総合診療医学会学術総会 FBシェア数:723
  10. 平安貴族のメタボリックシンドローム 病と歴史への招待 FBシェア数:54