2006.01.26

【インフルエンザ速報】報告数は第1週から倍増、15府県で警報レベルに――インフルエンザレベルマップ2006年2週分から

 2006年第2週(2006年1月9日〜1月15日)には、インフルエンザ様疾患の定点あたり報告数(医療機関あたりの患者数)は、全国平均で第1週の6.8から倍増して13.9になり、今シーズンでは初めて全国平均で注意報レベルを超えた。

 全国570の保健所管轄地域のうち、警報レベルを超えているのは、15府県の58カ所、注意報レベルのみを超えているのは、43都道府県の231地域と多くなった。警報レベルを超えているのは、すべて静岡以西の西日本に位置する。都道府県別では、宮崎県(53.4)、福岡県(35.4)、佐賀県(31.0)、鹿児島県(30.7)、岡山県(26.9)、香川県(24.8)、山口県(23.7)などが多い。

 2005年第36週以降に検出されたインフルエンザウイルスは、ソ連型(AH1)が76例、香港型(AH3)が357例でB型は3例となっている。前週と比較すると、ソ連型は5例、B型は1例増えただけだが、香港型は77例増えた。シーズン当初にはソ連型の比率が高かったが、本格的な流行入りになってからは香港型が優勢になっているもようだ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:67
  2. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:188
  3. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:136
  4. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:425
  5. 三十六回の手術の末 安楽死を選んだフロイト 病と歴史への招待 FBシェア数:137
  6. STEMをねらえ! Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:18
  7. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:19
  8. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:81
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:11
  10. インスリンポンプは胸の谷間に入れるもの!? 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:215