2006.01.26

【インフルエンザ速報】報告数は第1週から倍増、15府県で警報レベルに――インフルエンザレベルマップ2006年2週分から

 2006年第2週(2006年1月9日〜1月15日)には、インフルエンザ様疾患の定点あたり報告数(医療機関あたりの患者数)は、全国平均で第1週の6.8から倍増して13.9になり、今シーズンでは初めて全国平均で注意報レベルを超えた。

 全国570の保健所管轄地域のうち、警報レベルを超えているのは、15府県の58カ所、注意報レベルのみを超えているのは、43都道府県の231地域と多くなった。警報レベルを超えているのは、すべて静岡以西の西日本に位置する。都道府県別では、宮崎県(53.4)、福岡県(35.4)、佐賀県(31.0)、鹿児島県(30.7)、岡山県(26.9)、香川県(24.8)、山口県(23.7)などが多い。

 2005年第36週以降に検出されたインフルエンザウイルスは、ソ連型(AH1)が76例、香港型(AH3)が357例でB型は3例となっている。前週と比較すると、ソ連型は5例、B型は1例増えただけだが、香港型は77例増えた。シーズン当初にはソ連型の比率が高かったが、本格的な流行入りになってからは香港型が優勢になっているもようだ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 25歳女性。外陰部の結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. マッチング中間、大学首位は不動の東京医科歯科 「医師臨床研修マッチング2017」中間結果ランキング FBシェア数:387
  3. 知ってた? 一円玉はX線画像に写らない! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:248
  4. 胃亜全摘術後に胃潰瘍と判明、執刀医が有責 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:4
  5. 「研修医にやる気がない」「教えるとウザがられる」… 学会トピック◎日本病院総合診療医学会学術総会 FBシェア数:708
  6. ナース時代のすりこみ 病院珍百景 FBシェア数:2
  7. カロナール細粒が10月中旬にも品薄状態に 原薬供給停止の影響で FBシェア数:497
  8. 患者の本音を引き出す質問術 患者の心を開くメディカル・サポート・コーチング塾 FBシェア数:12
  9. 55歳女性。起床後、頻回の嘔吐・下痢 日経メディクイズ●腹部X線 FBシェア数:0
  10. カウンターロックを故障と勘違い プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:2