2006.01.26

【インフルエンザ速報】報告数は第1週から倍増、15府県で警報レベルに――インフルエンザレベルマップ2006年2週分から

 2006年第2週(2006年1月9日〜1月15日)には、インフルエンザ様疾患の定点あたり報告数(医療機関あたりの患者数)は、全国平均で第1週の6.8から倍増して13.9になり、今シーズンでは初めて全国平均で注意報レベルを超えた。

 全国570の保健所管轄地域のうち、警報レベルを超えているのは、15府県の58カ所、注意報レベルのみを超えているのは、43都道府県の231地域と多くなった。警報レベルを超えているのは、すべて静岡以西の西日本に位置する。都道府県別では、宮崎県(53.4)、福岡県(35.4)、佐賀県(31.0)、鹿児島県(30.7)、岡山県(26.9)、香川県(24.8)、山口県(23.7)などが多い。

 2005年第36週以降に検出されたインフルエンザウイルスは、ソ連型(AH1)が76例、香港型(AH3)が357例でB型は3例となっている。前週と比較すると、ソ連型は5例、B型は1例増えただけだが、香港型は77例増えた。シーズン当初にはソ連型の比率が高かったが、本格的な流行入りになってからは香港型が優勢になっているもようだ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  2. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:298
  3. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:6
  5. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:337
  6. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1396
  7. 特発性喀血症、知っていますか? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:72
  8. 投与量調節の必要がない帯状疱疹治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:317
  9. 日医も警戒する「新型多機能サービス」の正体 記者の眼 FBシェア数:18
  10. 自身の認知症予防のために取り組んでいること 医師1000人に聞きました FBシェア数:4