2006.01.26

【インフルエンザ速報】学校での集団感染報告は正月休みで少なめ――学校患者数報告第8報から

 国立感染症研究所の感染症情報センターが2006年1月24日に発表したインフルエンザ様疾患発生報告の2005−2006年シーズン第8報によると、2006年1月1日〜1月14日の間、全国の学校施設のうち、19施設で学級閉鎖などがあった。年始の休業時期の影響で患者数や学級閉鎖数は少なめになっている。児童・生徒の患者発生は12府県から報告されている。全国の患者数は308人で、前年同時期の30人に比べるとかなり多い。欠席者数は213人だった。

 学級閉鎖は全国で12校、学年閉鎖は6校で、休校は1校だった。

 第8報の詳細は感染症情報センターWebサイトのこちらまで(PDFファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:64
  2. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  3. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:296
  4. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:40
  5. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  7. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  8. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:99
  9. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  10. 東広島市の麻疹感染広がる、患者は7人に パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:198