2006.01.25

中医協、悪性腫瘍の遺伝子診断、脳死肝臓移植手術など8件の保険適用を了承

 中央社会保険医療協議会(中医協)は、1月25日に開催した総会で、高度先進医療専門会議が答申していた悪性腫瘍の遺伝子診断、脳死肝臓移植手術など8件の保険適用を了承した。今後、各医療技術について1件づつ保険点数などを審議していくことになる。

 保険適用が認められるのは、以下の8件。
1)悪性腫瘍の遺伝子診断(胃がん、大腸がん、すい臓がん、肺がん、膀胱がん及び至急がんその他の固形腫瘍に係るものに限る)
2)進行性筋ジストロフィーのDNA診断(デュシェンヌ型筋ジストロフィー、ベッカー型筋ジストロフィー又は福山型先天性筋ジストロフィーに係るものに限る)
3)脳死肝臓移植手術(劇症肝炎、先天性肝・胆道疾患、先天性代謝異常症、バッドキアリ症候群、原発性胆汁性肝硬変、二次性胆汁性肝硬変、原発性硬化性胆管炎、C型ウイルス性肝硬変(細小肝がんを含む)、B型ウイルス性敢行へ(細小肝がんを含む)またはアルコール性肝硬変に係るものに限る)
4)心臓移植手術(拡張型心筋症又は拡張相の肥大型心筋症に係るものに限る。脳死者からの移植)
5)腹腔鏡下前立腺摘除術(前立腺がん(限局性のものに限る)
6)CT透視ガイド下生検(胸部、腹部、軟部組織もしくは骨領域の腫瘍病変又はリンパ節腫大に係るものに限る)
7)膵臓移植手術(インスリンに依存するIDDMに係るものに限る)
8)脳死肺移植手術(原発性肺高血圧症その他の肺・心臓移植関連学会協議会で承認された進行性肺疾患に係るものに限る)。

 なお、同日の中医協ではレーザー血管形成術と活性化自己リンパ球移入療法のうち有効性が明らかでない技術(インターロイキン2を用いた活性化自己リンパ球移入療法)の高度先進医療としての承認を取り消すことも報告された。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:2
  2. 手術で体重3割減、合併する糖尿病も高率で寛解 トレンド◎肥満外科治療が日本でも普及の兆し FBシェア数:204
  3. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  4. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  5. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:134
  6. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
  7. 悩ましい新・看護必要度、先進病院の対策は? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  8. 7対1看護から降りる病院、現場から反発も 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《2》 FBシェア数:151
  9. 小児急性中耳炎診療にある小児科と耳鼻咽喉科のギャ… 学会トピック◎第13回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 FBシェア数:10
  10. 眼科専攻医登録数、愛知県の人数はなぜ突然変わった… ニュース追跡◎専門医機構の内部資料から見えてきたこと FBシェア数:47
医師と医学研究者におすすめの英文校正