2006.01.25

中医協、悪性腫瘍の遺伝子診断、脳死肝臓移植手術など8件の保険適用を了承

 中央社会保険医療協議会(中医協)は、1月25日に開催した総会で、高度先進医療専門会議が答申していた悪性腫瘍の遺伝子診断、脳死肝臓移植手術など8件の保険適用を了承した。今後、各医療技術について1件づつ保険点数などを審議していくことになる。

 保険適用が認められるのは、以下の8件。
1)悪性腫瘍の遺伝子診断(胃がん、大腸がん、すい臓がん、肺がん、膀胱がん及び至急がんその他の固形腫瘍に係るものに限る)
2)進行性筋ジストロフィーのDNA診断(デュシェンヌ型筋ジストロフィー、ベッカー型筋ジストロフィー又は福山型先天性筋ジストロフィーに係るものに限る)
3)脳死肝臓移植手術(劇症肝炎、先天性肝・胆道疾患、先天性代謝異常症、バッドキアリ症候群、原発性胆汁性肝硬変、二次性胆汁性肝硬変、原発性硬化性胆管炎、C型ウイルス性肝硬変(細小肝がんを含む)、B型ウイルス性敢行へ(細小肝がんを含む)またはアルコール性肝硬変に係るものに限る)
4)心臓移植手術(拡張型心筋症又は拡張相の肥大型心筋症に係るものに限る。脳死者からの移植)
5)腹腔鏡下前立腺摘除術(前立腺がん(限局性のものに限る)
6)CT透視ガイド下生検(胸部、腹部、軟部組織もしくは骨領域の腫瘍病変又はリンパ節腫大に係るものに限る)
7)膵臓移植手術(インスリンに依存するIDDMに係るものに限る)
8)脳死肺移植手術(原発性肺高血圧症その他の肺・心臓移植関連学会協議会で承認された進行性肺疾患に係るものに限る)。

 なお、同日の中医協ではレーザー血管形成術と活性化自己リンパ球移入療法のうち有効性が明らかでない技術(インターロイキン2を用いた活性化自己リンパ球移入療法)の高度先進医療としての承認を取り消すことも報告された。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:177
  2. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:539
  3. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:319
  4. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:112
  5. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:65
  6. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:152
  7. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:67
  8. 第7次医療計画の作成指針案が了承 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:2
  9. インフルエンザ、推計患者が100万人に迫る インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:228
  10. ニボルマブは進行胃癌の3次治療として有効【ASC… 日経メディカルOncologyニュース FBシェア数:31