2006.01.25

中医協、悪性腫瘍の遺伝子診断、脳死肝臓移植手術など8件の保険適用を了承

 中央社会保険医療協議会(中医協)は、1月25日に開催した総会で、高度先進医療専門会議が答申していた悪性腫瘍の遺伝子診断、脳死肝臓移植手術など8件の保険適用を了承した。今後、各医療技術について1件づつ保険点数などを審議していくことになる。

 保険適用が認められるのは、以下の8件。
1)悪性腫瘍の遺伝子診断(胃がん、大腸がん、すい臓がん、肺がん、膀胱がん及び至急がんその他の固形腫瘍に係るものに限る)
2)進行性筋ジストロフィーのDNA診断(デュシェンヌ型筋ジストロフィー、ベッカー型筋ジストロフィー又は福山型先天性筋ジストロフィーに係るものに限る)
3)脳死肝臓移植手術(劇症肝炎、先天性肝・胆道疾患、先天性代謝異常症、バッドキアリ症候群、原発性胆汁性肝硬変、二次性胆汁性肝硬変、原発性硬化性胆管炎、C型ウイルス性肝硬変(細小肝がんを含む)、B型ウイルス性敢行へ(細小肝がんを含む)またはアルコール性肝硬変に係るものに限る)
4)心臓移植手術(拡張型心筋症又は拡張相の肥大型心筋症に係るものに限る。脳死者からの移植)
5)腹腔鏡下前立腺摘除術(前立腺がん(限局性のものに限る)
6)CT透視ガイド下生検(胸部、腹部、軟部組織もしくは骨領域の腫瘍病変又はリンパ節腫大に係るものに限る)
7)膵臓移植手術(インスリンに依存するIDDMに係るものに限る)
8)脳死肺移植手術(原発性肺高血圧症その他の肺・心臓移植関連学会協議会で承認された進行性肺疾患に係るものに限る)。

 なお、同日の中医協ではレーザー血管形成術と活性化自己リンパ球移入療法のうち有効性が明らかでない技術(インターロイキン2を用いた活性化自己リンパ球移入療法)の高度先進医療としての承認を取り消すことも報告された。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:594
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:66
  3. 何気ない言葉の効果 じたばたナース FBシェア数:3
  4. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:351
  5. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:72
  6. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:531
  7. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:481
  8. 見逃し注意!コニール分2の適応違い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:36
  9. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  10. 左主冠動脈狭窄ではCABGがPCIに勝る Lancet誌から FBシェア数:153