2006.01.25

セックスパートナーが多い人ほどエイズ検査受診率が高い、米国調査

 米国人の15〜44歳について調べたところ、過去1年間により多くの異性と性交渉を持った人ほど、エイズウイルス(HIV)検査の受診率が高い傾向にあることがわかった。これは、米国疾病対策センター(CDC)が2002年、1万2571人の男女に対して対面インタビューを行った結果をまとめたもので、罹患率や死亡率に関する週刊リポートMorbidity and Mortality Weekly Report(MMWR)誌2006年1月20日号でその一部を公表した。

 それによると、過去12カ月以内に、献血以外でHIVに関する血液検査を受けたと答えた人は、調査対象とした15〜44歳の15.1%だった。この割合は、過去1年間に性交渉を行った異性のセックスパートナーの数によって異なり、3人以上のグループでは26.6%、2人では21.7%、1人では14.5%、パートナーのいない人は8.5%だった。なお、有意差が見られたのはパートナーのいないグループのみだった。

 これまでにHIV検査を受けたことがあるかどうかという問いに対しても、同様な傾向が見られ、パートナーのいないグループでは受診率が29.2%だったのに対し、パートナーが3人以上のグループでは59.5%と最も高かった。半面、ハイリスク・グループにいながら、これまでにHIV検査を受けたことがない人が約4割もいるという現状も浮き彫りになった。

 なお、過去にHIV検査を受けたことのある人の割合は、男性では46.6%、女性では54.9%、全体では50.7%と、およそ2人に1人の割合だった。

 研究報告書の原題は「HIV Testing in the United States 2002」。詳しくは、MMWR誌のこちら、または 研究報告書を参照。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト) 

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97