2006.01.25

【大腸癌研究会速報】大腸がんセンチネルリンパ節同定に蛍光色素が有用

 大腸がんのセンチネルリンパ節同定には、放射線同位元素を用いる方法と、様々な色素試薬を用いる方法とがある。1月20日に開催された第64回大腸癌研究会で獨協医科大学第二外科の石塚満氏は、インドシアニングリーンと蛍光画像化装置を用いたところ、手術中に従来より高感度にセンチネルリンパ節を同定できたと発表した。

 今回は基礎的な検討のため、大腸がんと診断し、手術を行った4例でセンチネルリンパ節の同定を試みた。開腹手術時にインドシアニングリーン溶解液を筋層に注入、蛍光画像化装置を用いて、リンパ流とセンチネルリンパ節の検出を行った。

 その結果、肉眼では同定できないリンパ流を経時的に確認することができ、可視光下では確認できない腸間膜内のリンパ節の同定も可能だった。全症例でリンパ節の採取に成功した。

 インドシアニングリーンの蛍光波長は、ヘモグロビンによる吸光の影響を受けにくいため、生体深部の情報が得やすい。石塚氏は、「インドシアニングリーンは、その安全性や簡便性から、放射線同位元素より優れていると考えられる。これまで観察しにくかった骨盤内など、深部の観察も行えるため、今後、より精度の高い術中診断が可能になるのではないか」と期待を込めた。(小又理恵子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:116
  2. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:197
  3. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:5
  4. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:48
  5. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:0
  6. 初期臨床研修の内容・評価基準が大幅改定へ 7科必修化、コミュニケーション能力などの評価が追加 FBシェア数:40
  7. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:31
  8. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:157
  9. 耳症状のみ、ANCA陰性でも注意深く観察を ANCA関連血管炎性中耳炎を学ぶ FBシェア数:0
  10. 血圧ビッグデータからエビデンスは作れる インタビュー◎上島弘嗣氏(滋賀医科大学アジア疫学研究センター) FBシェア数:55