2006.01.24

糖尿病合併症のリスク診断が始まる、東洋紡のDNAチップ技術を活用

 大阪大学大学院医学研究科の山崎義光助教授が設立したベンチャー企業であるサインポストは2006年2月から糖尿病合併症のリスク診断を開始する。東洋紡が開発に成功したDNAチップを用いて複数の1塩基多型を高精度に検出する方法を利用して行うものだ。

 東洋紡が開発した方法は、NAP(Nuclease Activated Probe) ligation法とDNAチップによる検出を組み合わせたもの。NAP ligation法は検出したいSNPよりも前に結合しSNP側の端に余分な1塩基が結合してある共通プローブと、蛍光色素で標識した末端でSNPに対合するアレル特異プローブを利用する。共通プローブは末端にリン酸基がないために、そのままではリガーゼによって結合することはない。

 共通プローブとSNPに対合するアレル特異プローブが標的核酸に結合した状態でポリメラーゼを添加すると、5’エキソヌクレアーゼ反応によって共通プローブの末端にあった余分な塩基が削られリン酸基が露出する。次にリガーゼを加えると初めて共通プローブとアレル特異プローブが結合したプローブが出来上がる。SNPに対合するアレル特異プローブは検出する塩基によって標識する色素を変えておけば複数のSNPに対応した結合プローブを得ることができる。

 DNAチップ上にはどちらのSNPでも検出できるミックスプローブを固定、色の違いによってSNPの型判別が容易にできる。固定した捕捉プローブは遺伝子を特定すればよいため、厳密な特異性は必要と

 従来、特定のSNPに対応するプローブをリガーゼで結合させることでSNPの判別をしようとする試みはなされているが、非特異的な結合反応が起きてしまう問題点があった。特に同時に多数のSNPを検出する場合に非特異反応の問題があった。

 東洋紡が開発したシステムは、数mm四方内で100個のSNPを検出するDNAチップに応用したところ、精度が99%以上を達成することができたという。また測定時間も7.2時間以下と短い。また、PCR反応を行ったあとにNAP ligation反応液を加え、DNAチップで測定するだけですむ。東洋紡バイオフロンティアプロジェクト推進室の宝田裕主幹(写真)は、「20から30以上のSNPを検出する場合にはNAP ligation法が有効」と話しており、糖尿病関連以外のSNP検出への応用を期待している。(横山勇生)
 

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  2. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  4. 腰椎手術後に低酸素脳症、麻酔医らの過失認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:431
  6. なくならないアカハラ、学外機関設置で予防を 記者の眼 FBシェア数:28
  7. これからは早期からの在宅ケアの時代? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:72
  8. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:132
  9. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:45
  10. 逆流性食道炎のリスク因子に男女差あり 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2