2006.01.24

レトロゾールが閉経後乳がん治療薬として国内で承認

 ノバルティス ファーマは1月23日、経口アロマターゼ阻害剤のフェマーラ錠2.5mg(一般名:レトロゾール)が同日付けで、閉経後乳がん治療薬としての承認を取得したと発表した。ノバルティスが製造販売、中外製薬が共同販売を行う。発売は薬価制定後になるが、薬価改訂があるため、4月以降になる見通しだという。

 閉経後の女性では、副腎から分泌される男性ホルモンのアンドロゲンに、脂肪組織などに存在する酵素であるアロマターゼが作用して、女性ホルモンのエストロゲンが生成される。このエストロゲンが乳がん細胞のエストロゲン受容体に結合することで増殖が起こる。レトロゾールは、アロマターゼを阻害することでアンドロゲンからのエストロゲン生成を抑え、乳がんの増殖を抑制する。

 今回の承認では、レトロゾールの効能・効果は「閉経後乳がん」とされており、閉経後乳がん患者の術後補助化学療法、および手術の適応にならない進行・再発の閉経後乳がんの治療に広く用いることができる。術後補助療法としては、手術直後からの初期化学療法剤(イニシャルアジュバント)として使用法と、タモキシフェンによる術後治療終了後の継続化学療法(エクステンデッドアジュバント)としての使用法があり、海外で実施された大規模臨床試験で再発リスクの有意な減少が証明されている。

 国内での試験成績は2件が提示されている。抗エストロゲン剤による治療歴がある進行・再発の閉経後乳がん患者を対象とした一般臨床試験では、レトロゾール1日1回2.5mg投与の奏功率は29.0%だった。また、抗エストロゲン剤無効となった進行・再発の閉経後乳がん患者を対象とした後期第2相臨床試験では、本剤1日1回2.5mg投与の奏功率は21.1%だったという。

 国内臨床試験では41.1%に副作用が認められた。臨床症状では、ほてりが6.6%、頭痛3.1%、関節痛2.8%などが上位を占めた。臨床検査値異常は、血中コレステロール値増加が8.3%、ALT(GPT)増加7.9%、ALP増加7.3%、γGTP増加が6.6%、AST(GOT)増加6.4%などが主なものだった。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3