2006.01.20

オリンパス、早期肺がん遺伝子検査の臨床試験を今秋にも米国で開始

 オリンパスは、米Cangen Biotechnologies社と共同開発する早期肺がん遺伝子検査システムの臨床試験を、早ければ今秋にも米国で開始する見通しだ。同社ライフサイエンスカンパニーバイオメディカル開発部部長の中村誠氏(写真)がこのほど明らかにしたものだ。開発するシステムはCangen社の遺伝子の構造変化を測定する技術とオリンパスの高感度検出技術を組み合わせることで血液を用いて検査しようというものだ。 両社はまずは術後のモニタリングに利用される検査として実用化を目指す考えで、その後ハイリスク群の検査、健康診断へと展開させていく計画だ。

 両社は韓国のヒュンダイ病院から患者400人分の病変を入手して解析し、がん病変に特異的に変化している遺伝子の構造変化(マーカー)を複数個同定することに成功した。そして、遺伝子の構造変化を非小細胞肺がんの早期(1期、2期)患者の組織検体の7割から8割で検出することが確認できたという。

 今後、両社は血液を利用して実際にマーカーが検出できるか検討を進める計画だ。血液での検査を実現するためには、検査の高感度化が不可欠になるが、オリンパスは検査に携わる人が普通に利用できるもので血中の遺伝子を検出できる技術の開発にメドをつけているという。マイクロフィブリケーション技術などを活用したものだ。

 オリンパスは生活習慣病の健康診断、薬物代謝酵素の検査でも遺伝子検査の導入を目指しているが、中村氏は「がんの遺伝子検査は、潜在的に大きなポテンシャルが最初からある」と注力する方針を語った。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:116
  2. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:197
  3. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:5
  4. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:48
  5. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:0
  6. 初期臨床研修の内容・評価基準が大幅改定へ 7科必修化、コミュニケーション能力などの評価が追加 FBシェア数:40
  7. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:31
  8. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:157
  9. 耳症状のみ、ANCA陰性でも注意深く観察を ANCA関連血管炎性中耳炎を学ぶ FBシェア数:0
  10. 血圧ビッグデータからエビデンスは作れる インタビュー◎上島弘嗣氏(滋賀医科大学アジア疫学研究センター) FBシェア数:55