2006.01.20

都内の花粉飛散は去年の1割程度、飛散開始は2月15日頃に――東京都の予測

 都内の花粉症患者にとって、今年の受難は比較的軽く済みそうだ。東京都が1月19日に発表した今年春の都内のスギ・ヒノキ花粉の飛散予測によると、飛散数は昨年の1割前後と少なく、飛散開始も例年と同じかやや遅めの2月15〜21日になるという。

 これは平成17年度東京都花粉症対策検討委員会の第2回会合で行われた検討の結果を発表したもの。それによると今年の花粉飛散数は、都内平均の予測最小値が882(個/cm2)、最大値が1666で、過去10年で最大の飛散となった2005年春の1万6241に比べ、最大でも1割程度、過去10年の平均値である5141に対しても3分の1以下と少なめだ。

 地域別の予測値を見ると、最も多い青梅市では1900〜3700、最も少ない葛飾区では430〜700、都心の千代田区では650〜1300となっている。

 都では、今後、1月の気温が高まったり、2月上旬に南風(春一番)が吹いた場合などには花粉飛散が早まる可能性があるとしている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:8
  2. 7カ月女児。喘鳴、活気不良、顔色不良 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  4. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:309
  5. よく使う睡眠薬、マイスリーがシェアを拡大 NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 「株主優待」目当ての投資では資産は増えない Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:31
  7. 高齢2型糖尿病患者の薬剤選択、どう判断する? 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:238
  8. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:391
  9. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1639
  10. 起立性調節障害に対する漢方の効果は? 富野浩充の「当直室からこんばんは」 FBシェア数:20