2006.01.20

都内の花粉飛散は去年の1割程度、飛散開始は2月15日頃に――東京都の予測

 都内の花粉症患者にとって、今年の受難は比較的軽く済みそうだ。東京都が1月19日に発表した今年春の都内のスギ・ヒノキ花粉の飛散予測によると、飛散数は昨年の1割前後と少なく、飛散開始も例年と同じかやや遅めの2月15〜21日になるという。

 これは平成17年度東京都花粉症対策検討委員会の第2回会合で行われた検討の結果を発表したもの。それによると今年の花粉飛散数は、都内平均の予測最小値が882(個/cm2)、最大値が1666で、過去10年で最大の飛散となった2005年春の1万6241に比べ、最大でも1割程度、過去10年の平均値である5141に対しても3分の1以下と少なめだ。

 地域別の予測値を見ると、最も多い青梅市では1900〜3700、最も少ない葛飾区では430〜700、都心の千代田区では650〜1300となっている。

 都では、今後、1月の気温が高まったり、2月上旬に南風(春一番)が吹いた場合などには花粉飛散が早まる可能性があるとしている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:72
  2. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:597
  3. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:439
  4. 知っているようで知らない「かぜ」を科学する かぜ診療での“困った”に答えます FBシェア数:138
  5. 「一度入れた人工呼吸器は外せない」は誤解 インタビュー◎医療の有益性より患者の意思を尊重すべし FBシェア数:369
  6. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:74
  7. 67歳男性。心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  8. 「医院に接遇はいらない」と反発した職員の真意 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:246
  9. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:1
  10. 130/80mmHg超えたら高血圧?患者数急増へ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《1》 FBシェア数:91
医師と医学研究者におすすめの英文校正