2006.01.20

都内の花粉飛散は去年の1割程度、飛散開始は2月15日頃に――東京都の予測

 都内の花粉症患者にとって、今年の受難は比較的軽く済みそうだ。東京都が1月19日に発表した今年春の都内のスギ・ヒノキ花粉の飛散予測によると、飛散数は昨年の1割前後と少なく、飛散開始も例年と同じかやや遅めの2月15〜21日になるという。

 これは平成17年度東京都花粉症対策検討委員会の第2回会合で行われた検討の結果を発表したもの。それによると今年の花粉飛散数は、都内平均の予測最小値が882(個/cm2)、最大値が1666で、過去10年で最大の飛散となった2005年春の1万6241に比べ、最大でも1割程度、過去10年の平均値である5141に対しても3分の1以下と少なめだ。

 地域別の予測値を見ると、最も多い青梅市では1900〜3700、最も少ない葛飾区では430〜700、都心の千代田区では650〜1300となっている。

 都では、今後、1月の気温が高まったり、2月上旬に南風(春一番)が吹いた場合などには花粉飛散が早まる可能性があるとしている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:148
  3. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:211
  4. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  5. 訪日外国人が突いた医療保険制度の隙 記者の眼 FBシェア数:221
  6. 成人敗血症患者に対する解熱治療は死亡率を低下させ… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:68
  7. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:21
  8. 医師偏在対策、第7次医療計画への反映目指す 女性医師支援や外来医療の最適化、遠隔診療の推進も課題 FBシェア数:62
  9. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:599
  10. 「重症なんだから優先して!」怒る家族の真意は 家族支援CNSの「家族対応」お悩み相談 FBシェア数:19