2006.01.20

都内の花粉飛散は去年の1割程度、飛散開始は2月15日頃に――東京都の予測

 都内の花粉症患者にとって、今年の受難は比較的軽く済みそうだ。東京都が1月19日に発表した今年春の都内のスギ・ヒノキ花粉の飛散予測によると、飛散数は昨年の1割前後と少なく、飛散開始も例年と同じかやや遅めの2月15〜21日になるという。

 これは平成17年度東京都花粉症対策検討委員会の第2回会合で行われた検討の結果を発表したもの。それによると今年の花粉飛散数は、都内平均の予測最小値が882(個/cm2)、最大値が1666で、過去10年で最大の飛散となった2005年春の1万6241に比べ、最大でも1割程度、過去10年の平均値である5141に対しても3分の1以下と少なめだ。

 地域別の予測値を見ると、最も多い青梅市では1900〜3700、最も少ない葛飾区では430〜700、都心の千代田区では650〜1300となっている。

 都では、今後、1月の気温が高まったり、2月上旬に南風(春一番)が吹いた場合などには花粉飛散が早まる可能性があるとしている。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 女性医師に出会いを提供する「女医コン」とは Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:174
  2. 「資格を取得してから開業」のはずが… 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  3. 「患者への説明」に時間を充てすぎてはいけない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:588
  4. 80歳女性。意識障害 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  5. 僕らは40歳までに下らなければいけない 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:37
  6. 結核性脳脊髄膜炎で夭逝した中原中也 病と歴史への招待 FBシェア数:112
  7. 吐き気と微妙な心電図、先生の判断は? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:0
  8. 52歳男性。右顔面痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:0
  10. 学会が「推奨しない検査」はコレ! 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 FBシェア数:769