2006.01.18

今シーズン流行の香港型インフルエンザウイルスで91%が耐性獲得 アマンタジン、リマンタジンの使用控えて――米CDCが緊急勧告

 米国疾病対策センター(CDC)は1月14日、米国で今シーズン流行している香港型(H3N2)インフルエンザウイルスは、抗ウイルス薬のアマンタジンとリマンタジンに耐性があるため、処方しないよう勧告した。

 CDCが、今シーズンになって分離した120株のH3N2ウイルスについて調べたところ、うち109株、実に91%がアマンタジンとリマンタジンに対して耐性があるという衝撃的な事実が判明した。2004-2005シーズン初頭には耐性ウイルスの比率はわずか1.9%に過ぎなかったのが、6カ月後には14.5%まで急増していた。世界的にも過去3年間でアマンタジン・リマンタジン耐性株が1.9%から12.3%まで急増していたことが分かっている。

 一方、オセルタミビルとザナミビルに対しては、これまでにCDCが調べた香港型(H3N2)とソ連型(H1N1)のインフルエンザウイルスのいずれについても感受性があった。そのためCDCでは、今シーズンの抗インフルエンザ薬としては、オセルタミビルとザナミビルを処方すべきだとしている。

 詳しくは、CDCの1月14日付けのプレスリリースと、同日付のヘルスアラートを参照されたい。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)


※ヘルスアラート(Health Alert)は、州や地方の保健行政機関や医療機関に向けてCDCが発する通知で、重要性と緊急性に応じて、Health Alert、Health Advisary、Health Updateの3種類ある。Health Alertは最も重要で、かつ緊急を要する通知とされる。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  2. 「運転禁止薬」の運転一律規制はおかしい 学会トピック◎第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:389
  3. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  4. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:220
  5. 70歳男性。主訴:全身の掻痒感と褐色尿 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  6. オペ室マジック 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 便潜血陽性者は早めに内視鏡検査受けるべき JAMA誌から FBシェア数:100
  8. 「酸味が嫌い」な患者のBMIとHbA1cは高い 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:9
  9. エレベーター横のモニターが医師の事務負担減 特集◎医師こそ働き方改革を《事例−1》 FBシェア数:165
  10. 一期一会の患者でも経過に注目してみよう! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:33