2006.01.18

東京都、外国人結核患者の治療・服薬支援員制度をスタート

 東京都は、都内在住の外国人結核患者の治療に際し、保健師の訪問指導に随行して通訳を行う「治療・服薬支援員」制度を1月から開始する。結核患者に占める外国人の比率は、全国的にも3万1638人中906人で2.9%(2003年の新規登録)と多いが、都内では4029人中235人(5.8%)と2倍にのぼる。医療従事者との意思疎通が難しいことや医療保険に未加入であることなどから、治療継続が難しく、感染拡大を防止する面からも対応を迫られていた。

 このため都では、全国に先駆けて、保健師による治療・服薬の指導の専門通訳スタッフ「治療・服薬支援員」制度を新たに設けることとした。都内の保健所の保健師が病院や患者の自宅で行う訪問指導に随行する。単なる通訳でなく、保健師の指示のもとで、結核治療に必要な知識や医療費の公費負担制度などをわかりやすく伝える専門知識を有する。

 当面、韓国、中国、タイ、フィリピン国籍の外国人を対象に10人程度を配置する。支援員は、日本語とこれらの外国語が堪能で、研修課程を修め、都の選考を受けた上で東京都結核予防会から派遣される。対象国籍は、今後拡大する予定だという。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239