2006.01.18

東京都、外国人結核患者の治療・服薬支援員制度をスタート

 東京都は、都内在住の外国人結核患者の治療に際し、保健師の訪問指導に随行して通訳を行う「治療・服薬支援員」制度を1月から開始する。結核患者に占める外国人の比率は、全国的にも3万1638人中906人で2.9%(2003年の新規登録)と多いが、都内では4029人中235人(5.8%)と2倍にのぼる。医療従事者との意思疎通が難しいことや医療保険に未加入であることなどから、治療継続が難しく、感染拡大を防止する面からも対応を迫られていた。

 このため都では、全国に先駆けて、保健師による治療・服薬の指導の専門通訳スタッフ「治療・服薬支援員」制度を新たに設けることとした。都内の保健所の保健師が病院や患者の自宅で行う訪問指導に随行する。単なる通訳でなく、保健師の指示のもとで、結核治療に必要な知識や医療費の公費負担制度などをわかりやすく伝える専門知識を有する。

 当面、韓国、中国、タイ、フィリピン国籍の外国人を対象に10人程度を配置する。支援員は、日本語とこれらの外国語が堪能で、研修課程を修め、都の選考を受けた上で東京都結核予防会から派遣される。対象国籍は、今後拡大する予定だという。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22