2006.01.18

東京都、外国人結核患者の治療・服薬支援員制度をスタート

 東京都は、都内在住の外国人結核患者の治療に際し、保健師の訪問指導に随行して通訳を行う「治療・服薬支援員」制度を1月から開始する。結核患者に占める外国人の比率は、全国的にも3万1638人中906人で2.9%(2003年の新規登録)と多いが、都内では4029人中235人(5.8%)と2倍にのぼる。医療従事者との意思疎通が難しいことや医療保険に未加入であることなどから、治療継続が難しく、感染拡大を防止する面からも対応を迫られていた。

 このため都では、全国に先駆けて、保健師による治療・服薬の指導の専門通訳スタッフ「治療・服薬支援員」制度を新たに設けることとした。都内の保健所の保健師が病院や患者の自宅で行う訪問指導に随行する。単なる通訳でなく、保健師の指示のもとで、結核治療に必要な知識や医療費の公費負担制度などをわかりやすく伝える専門知識を有する。

 当面、韓国、中国、タイ、フィリピン国籍の外国人を対象に10人程度を配置する。支援員は、日本語とこれらの外国語が堪能で、研修課程を修め、都の選考を受けた上で東京都結核予防会から派遣される。対象国籍は、今後拡大する予定だという。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1