2006.01.16

誤った薬の服用で救急室を訪れる幼児は毎年5万人超――米CDC

 死には至らないものの、誤った薬の服用で病院の救急室を訪れる4歳以下の子どもは、推定で毎年約5万3517人にものぼることがわかった。これは、米国疾病対策センター(CDC)が、罹患率や死亡率に関する週刊リポートMorbidity and Mortality Weekly Report(MMWR)誌2006年1月13日号で公表したもの。中でも1〜2歳の子供が、その72.0%を占めているという。

 同報告書によると、こうした事故の75.4%が自宅で発生している。また、誤った薬の服用で救急室を訪れた4歳以下のおよそ10人に1人にあたる9.7%が、入院やその他の専門的な治療を必要としたという。なお2002年に薬の誤用で死亡した4歳以下の子どもは、35人と報告されている。

 薬の種類としては、42.2%が一般用医薬品(OTC)で、アセトアミノフェン、かぜや咳の薬、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)などだった。また、入院や専門的な治療を要した事例の原因となった薬の種類は、抗けいれん薬やカルシウムチャネル拮抗薬、抗うつ薬、経口の糖尿病治療薬などだったという。

 CDCはこの結果を受けて、薬の管理について次のような指導を行っている。(1)すべての薬をきちんと閉まる入れ物に入れ、子供の手の届かない所に保管する。薬はできるだけ元々入っていた容器に入れておく。別の容器に移した場合には、子供の手が届かないようより注意する。薬を鞄や薬入れに入れるときには、子供の手が届かないことを確認する、(2)使わない薬はトイレに流して捨ててしまう、(3)子供は大人のすることをまねしたがるので、子供の目の前で薬を服用しないようにする。薬のことを、“キャンディー”とは呼ばない、(4)来訪者が服用している薬を、子供がすぐに見つけられる場所に置かない、(5)中毒に関する相談窓口の電話番号を、家中の電話の近くに置いておく――など。

 詳しくは、MMWR誌のこちらか、CDCのプレスリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22