2006.01.16

誤った薬の服用で救急室を訪れる幼児は毎年5万人超――米CDC

 死には至らないものの、誤った薬の服用で病院の救急室を訪れる4歳以下の子どもは、推定で毎年約5万3517人にものぼることがわかった。これは、米国疾病対策センター(CDC)が、罹患率や死亡率に関する週刊リポートMorbidity and Mortality Weekly Report(MMWR)誌2006年1月13日号で公表したもの。中でも1〜2歳の子供が、その72.0%を占めているという。

 同報告書によると、こうした事故の75.4%が自宅で発生している。また、誤った薬の服用で救急室を訪れた4歳以下のおよそ10人に1人にあたる9.7%が、入院やその他の専門的な治療を必要としたという。なお2002年に薬の誤用で死亡した4歳以下の子どもは、35人と報告されている。

 薬の種類としては、42.2%が一般用医薬品(OTC)で、アセトアミノフェン、かぜや咳の薬、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)などだった。また、入院や専門的な治療を要した事例の原因となった薬の種類は、抗けいれん薬やカルシウムチャネル拮抗薬、抗うつ薬、経口の糖尿病治療薬などだったという。

 CDCはこの結果を受けて、薬の管理について次のような指導を行っている。(1)すべての薬をきちんと閉まる入れ物に入れ、子供の手の届かない所に保管する。薬はできるだけ元々入っていた容器に入れておく。別の容器に移した場合には、子供の手が届かないようより注意する。薬を鞄や薬入れに入れるときには、子供の手が届かないことを確認する、(2)使わない薬はトイレに流して捨ててしまう、(3)子供は大人のすることをまねしたがるので、子供の目の前で薬を服用しないようにする。薬のことを、“キャンディー”とは呼ばない、(4)来訪者が服用している薬を、子供がすぐに見つけられる場所に置かない、(5)中毒に関する相談窓口の電話番号を、家中の電話の近くに置いておく――など。

 詳しくは、MMWR誌のこちらか、CDCのプレスリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
  3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
  4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
  5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
  6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
  7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
  8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
  9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
  10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55