2006.01.16

誤った薬の服用で救急室を訪れる幼児は毎年5万人超――米CDC

 死には至らないものの、誤った薬の服用で病院の救急室を訪れる4歳以下の子どもは、推定で毎年約5万3517人にものぼることがわかった。これは、米国疾病対策センター(CDC)が、罹患率や死亡率に関する週刊リポートMorbidity and Mortality Weekly Report(MMWR)誌2006年1月13日号で公表したもの。中でも1〜2歳の子供が、その72.0%を占めているという。

 同報告書によると、こうした事故の75.4%が自宅で発生している。また、誤った薬の服用で救急室を訪れた4歳以下のおよそ10人に1人にあたる9.7%が、入院やその他の専門的な治療を必要としたという。なお2002年に薬の誤用で死亡した4歳以下の子どもは、35人と報告されている。

 薬の種類としては、42.2%が一般用医薬品(OTC)で、アセトアミノフェン、かぜや咳の薬、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)などだった。また、入院や専門的な治療を要した事例の原因となった薬の種類は、抗けいれん薬やカルシウムチャネル拮抗薬、抗うつ薬、経口の糖尿病治療薬などだったという。

 CDCはこの結果を受けて、薬の管理について次のような指導を行っている。(1)すべての薬をきちんと閉まる入れ物に入れ、子供の手の届かない所に保管する。薬はできるだけ元々入っていた容器に入れておく。別の容器に移した場合には、子供の手が届かないようより注意する。薬を鞄や薬入れに入れるときには、子供の手が届かないことを確認する、(2)使わない薬はトイレに流して捨ててしまう、(3)子供は大人のすることをまねしたがるので、子供の目の前で薬を服用しないようにする。薬のことを、“キャンディー”とは呼ばない、(4)来訪者が服用している薬を、子供がすぐに見つけられる場所に置かない、(5)中毒に関する相談窓口の電話番号を、家中の電話の近くに置いておく――など。

 詳しくは、MMWR誌のこちらか、CDCのプレスリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:6
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  3. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:93
  4. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1788
  5. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  6. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:49
  7. 臨床研究法が臨床研究を撲滅する 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:9
  8. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:407
  9. 患者の同意なく雇用先に診療情報漏示は違法 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  10. はしかを診たこと、ありますか? わかる!院内感染対策 FBシェア数:84