2006.01.16

トルコのH5N1感染者18人、受容体結合部位の変異株も見つかる

 世界保健機関(WHO)は1月12日、トルコで新たな感染者2人が検査の結果、確認されたと発表した。患者はシリア国境に近いトルコ南部のサンリ・ウルファ県在住の4歳と6歳の子ども。トルコにおけるヒト感染の報告はこれで全81県中9県になった。また、1月10日のWHO発表では確認中となっていた死亡した12歳の少女の感染が検査で確定し、同国における感染者数は18人になった。

 1月9日午後4時の時点で欧州疾病対策センターが発表した情報では、疑い例の患者は、トルコ東部のヴァン県の病院に38人、アンカラの病院に5人、イスタンブールの病院に21人が入院しているという。感染確定者数は1月15日現在で18人のままとなっている。

 トルコの最初の死亡例2例から採取したウイルスの解析結果によると、オセルタミビルとアマンタジンに感受性があることが判明した。また1人の患者から採取したウイルスには受容体結合部位に変異が見られることが分かった。この変異の中には、2003年の香港と2005年のベトナムで分離されたウイルスと同様のものが発見された。香港のウイルスはヒトの細胞に結合しやすくなっているとする研究報告があることから、今回のトルコでの流行でも同様の特性を持つ可能性が懸念されている。

 WHOの感染症流行速報はこちらで閲覧できる。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172