2006.01.16

インドネシアで17人目のトリインフルエンザ感染者

 世界保健機関(WHO)は1月14日、インドネシアで新たなH5N1亜型のトリインフルエンザウイルス感染者が検査の結果、確認されたと発表した。インドネシア保健省が確認した患者はジャカルタ病院の病棟助産婦として勤務していた29歳の女性で、昨年12月31日に発症し、1月2日に入院、1月11日に死亡した。インドネシアにおけるH5N1感染者数は17人、死亡者は12人になった。

 同国保健省とWHOの調査によると、発症前2週間に近隣で家禽の死亡があったことが判明しているほか、患者自身が発症数日前に生鶏を扱う市場に出向き、屠殺されたばかりの鶏を購入していたことが分かっている。

 患者が勤務していた病院内における感染が危惧されたが、この女性の発症直前に、入院患者や同僚にインフルエンザ様症状があった者はなく、またこの女性から患者や同僚に感染が起きた兆候もないという。

 WHOの感染症流行速報はこちらで閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:177
  2. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:10
  4. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:145
  5. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:34
  6. 塩野義製薬の新規抗インフルエンザ薬、第3相臨床試… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:250
  7. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:27
  8. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 抗菌薬使用最適化にクリニカルパス見直しが効く 事例研究◎院内で活躍する感染制御部 FBシェア数:94
  10. 皮膚膿瘍は切開排膿後の抗菌薬で治癒率上昇 NEJM誌から FBシェア数:2