2006.01.16

インドネシアで17人目のトリインフルエンザ感染者

 世界保健機関(WHO)は1月14日、インドネシアで新たなH5N1亜型のトリインフルエンザウイルス感染者が検査の結果、確認されたと発表した。インドネシア保健省が確認した患者はジャカルタ病院の病棟助産婦として勤務していた29歳の女性で、昨年12月31日に発症し、1月2日に入院、1月11日に死亡した。インドネシアにおけるH5N1感染者数は17人、死亡者は12人になった。

 同国保健省とWHOの調査によると、発症前2週間に近隣で家禽の死亡があったことが判明しているほか、患者自身が発症数日前に生鶏を扱う市場に出向き、屠殺されたばかりの鶏を購入していたことが分かっている。

 患者が勤務していた病院内における感染が危惧されたが、この女性の発症直前に、入院患者や同僚にインフルエンザ様症状があった者はなく、またこの女性から患者や同僚に感染が起きた兆候もないという。

 WHOの感染症流行速報はこちらで閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:64
  2. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  3. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:296
  4. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:40
  5. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  7. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  8. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:99
  9. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  10. 東広島市の麻疹感染広がる、患者は7人に パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:198