2006.01.16

インドネシアで17人目のトリインフルエンザ感染者

 世界保健機関(WHO)は1月14日、インドネシアで新たなH5N1亜型のトリインフルエンザウイルス感染者が検査の結果、確認されたと発表した。インドネシア保健省が確認した患者はジャカルタ病院の病棟助産婦として勤務していた29歳の女性で、昨年12月31日に発症し、1月2日に入院、1月11日に死亡した。インドネシアにおけるH5N1感染者数は17人、死亡者は12人になった。

 同国保健省とWHOの調査によると、発症前2週間に近隣で家禽の死亡があったことが判明しているほか、患者自身が発症数日前に生鶏を扱う市場に出向き、屠殺されたばかりの鶏を購入していたことが分かっている。

 患者が勤務していた病院内における感染が危惧されたが、この女性の発症直前に、入院患者や同僚にインフルエンザ様症状があった者はなく、またこの女性から患者や同僚に感染が起きた兆候もないという。

 WHOの感染症流行速報はこちらで閲覧できる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 76歳女性。動悸、ふらつき 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  2. 「診療科の転科に伴うリスクやお勧めの立ち回り方は… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:21
  3. IT化し過ぎて伝達ミスが多発します… 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:30
  4. 「腹膜透析は使えない」は過去のもの 日本透析医学会理事長の中元秀友氏に聞く FBシェア数:8
  5. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:150
  6. 理想は「自分に甘く、他人にも甘い」人 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:35
  7. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:89
  8. 汚部屋で眠るハルコさん ぐるぐる訪問看護 FBシェア数:67
  9. フレイル高齢者の処方、医師の8割が見直し 医師1000人に聞きました FBシェア数:8
  10. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
医師と医学研究者におすすめの英文校正