2006.01.12

インフルエンザ流行拡大中、岡山県は県平均で警報レベル超える

 インフルエンザ流行の拡大が続いている。国立感染症研究所の感染症情報センターが2006年1月12日に更新したインフルエンザ流行レベルマップによると、2005年第52週(12月26日〜1月1日)には、インフルエンザの定点あたり報告数(医療機関あたりの患者数)の全国平均値は、第51週の4.0からさらに伸び、5.3になった。

 注意報レベルだけを超えている地域は26都府県の80地域に、警報レベルを超えている地域は6府県の11地域に達した。注意報以上の水準になっている地域は、東北、中部、近畿、中国、九州・沖縄に多い。なかでも岡山県は、全11保健所管轄地域のうち、南東部の東備保健所管轄地域以外の10地域が注意報レベルを超え、県平均の定点あたり報告数が32.7と、警報レベルを超えている。このため、岡山県では1月6日付けでインフルエンザ警報を発令した。

 インフルエンザウイルスの検出状況は、2005年第36週以降、2006年1月5日までに、ソ連型(AH1)が52例、香港型(AH3)が173例、B型が2例報告されている。近年の状況と比べ、比較的、ソ連型が多いのが特徴だ。

 インフルエンザの注意報レベルは、保健所管轄地域単位の流行の規模を示すもので、1週間の定点あたり報告数が10を超えた段階を意味する。警報は同じく1週間の定点あたり報告数が30を超える状況を示す。ただし、注意報、警報とも10を下回った時点で解除される。都道府県が発令する注意報、警報とは異なる。

 インフルエンザ流行レベルマップ2005年第52週分はこちらで閲覧できる。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130