2006.01.12

インフルエンザ流行拡大中、岡山県は県平均で警報レベル超える

 インフルエンザ流行の拡大が続いている。国立感染症研究所の感染症情報センターが2006年1月12日に更新したインフルエンザ流行レベルマップによると、2005年第52週(12月26日〜1月1日)には、インフルエンザの定点あたり報告数(医療機関あたりの患者数)の全国平均値は、第51週の4.0からさらに伸び、5.3になった。

 注意報レベルだけを超えている地域は26都府県の80地域に、警報レベルを超えている地域は6府県の11地域に達した。注意報以上の水準になっている地域は、東北、中部、近畿、中国、九州・沖縄に多い。なかでも岡山県は、全11保健所管轄地域のうち、南東部の東備保健所管轄地域以外の10地域が注意報レベルを超え、県平均の定点あたり報告数が32.7と、警報レベルを超えている。このため、岡山県では1月6日付けでインフルエンザ警報を発令した。

 インフルエンザウイルスの検出状況は、2005年第36週以降、2006年1月5日までに、ソ連型(AH1)が52例、香港型(AH3)が173例、B型が2例報告されている。近年の状況と比べ、比較的、ソ連型が多いのが特徴だ。

 インフルエンザの注意報レベルは、保健所管轄地域単位の流行の規模を示すもので、1週間の定点あたり報告数が10を超えた段階を意味する。警報は同じく1週間の定点あたり報告数が30を超える状況を示す。ただし、注意報、警報とも10を下回った時点で解除される。都道府県が発令する注意報、警報とは異なる。

 インフルエンザ流行レベルマップ2005年第52週分はこちらで閲覧できる。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172