2006.01.11

【裁かれたカルテ】C型肝炎の患者が肝細胞がんにより死亡 早期発見のための検査を怠った過失を認定

 C型肝炎患者が肝細胞がんにより死亡したのは、医師がインターフェロン療法をせず、また早期発見のための検査を怠ったためだと訴えていた裁判で2005年11月30日、医師の過失を認め、約4000万円の支払いを命じる判決が下った。

 患者Aさんは2002年6月23日に肝細胞がんで死亡した。65歳だった。Aさんの相続人である原告らは、被告医療法人S内科医院の理事長である被告C医師を相手に、約7000万円の賠償を求め提訴していた。

■ インターフェロン療法をしなかった過失

 判決で目を引くのは、C型慢性肝炎と肝がんの治療に関する一般的知見として、以下の見解を示した点だ。

 「C型肝炎患者を診る医師は、1992年当時においても、その頻度についてはともかくとして、以下の検査を定期的に行い、その結果肝細胞がんが発生したとの疑いが生じた場合には、その確定診断を行うようにすべき注意義務を負っていた。」

 ここで示された検査は、血小板数検査、腫瘍マーカー検査、腹部超音波検査(エコー)、CT検査だった。

 この見解を基に、被告C医師の過失について検証している。

 まず、最初の争点となった「インターフェロン療法をしなかったことの過失」については、「1992年当時、インターフェロンは、著効例においてはC型肝炎ウイルスを駆除する効果があるから、C型肝炎患者に対しては、インターフェロン療法をまず第1に選択すべきであることが、医学的に広く知られていた」と認定。その上で、当時の開業医の医療水準として、インターフェロン適応の有無を判断するために、速やかにHCV-RNA定量とHCVセロタイプの検査を行い、適応がある場合には、自らこれを行うか、被告医院で行えないのであれば行うことができる他の医療機関に転院させるべき注意義務を負っていたと判断、「被告医師はこれを行わなかったのであるから、注意義務違反があった」と結論づけた(詳しくは有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」で提供しています)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  3. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:710
  5. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:104
  6. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:124
  7. 起立性低血圧は立って1分以内に測定すべき JAMA Internal Med誌から FBシェア数:108
  8. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:156
  9. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:511
  10. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161