2006.01.11

食後1時間後の血糖値上昇を強く抑えるα-グルコシダーゼ阻害剤が発売

 わが国で3番目のα-グルコシダーゼ阻害剤が1月11日に発売された。三和化学が製造販売元で大日本住友製薬が共同情報提供活動を行うミグリトール(製品名:セイブル)で、食後30分から2時間の血糖値の上昇を抑制する。既存のα-グルコシダーゼ阻害剤に比べて、食後1時間後の血糖値上昇を強く抑えることが特色で食後のインスリン分泌を節約し、膵臓のβ細胞の負担を軽減できるという。

 食後高血糖は、血管内皮細胞を傷害し、動脈硬化性疾患のリスクファクターであることが最近の研究により明らかにされている。平均すると正常でも血糖値が高値を繰り返すと血管内皮細胞の傷害が強くなることも明らかにされている。さらに、早期糖尿病では食後2時間ではなく1時間で食後血糖値のピークがくる場合もあるため、従来の食後2時間血糖値に加えて食後1時間血糖値の治療標的としての重要性も示唆されているという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180