2006.01.11

食後1時間後の血糖値上昇を強く抑えるα-グルコシダーゼ阻害剤が発売

 わが国で3番目のα-グルコシダーゼ阻害剤が1月11日に発売された。三和化学が製造販売元で大日本住友製薬が共同情報提供活動を行うミグリトール(製品名:セイブル)で、食後30分から2時間の血糖値の上昇を抑制する。既存のα-グルコシダーゼ阻害剤に比べて、食後1時間後の血糖値上昇を強く抑えることが特色で食後のインスリン分泌を節約し、膵臓のβ細胞の負担を軽減できるという。

 食後高血糖は、血管内皮細胞を傷害し、動脈硬化性疾患のリスクファクターであることが最近の研究により明らかにされている。平均すると正常でも血糖値が高値を繰り返すと血管内皮細胞の傷害が強くなることも明らかにされている。さらに、早期糖尿病では食後2時間ではなく1時間で食後血糖値のピークがくる場合もあるため、従来の食後2時間血糖値に加えて食後1時間血糖値の治療標的としての重要性も示唆されているという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:162
  2. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:147
  3. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:25
  4. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:1
  5. 2040年、医療機関と医師の動きはこう変わる 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《5》 FBシェア数:111
  6. 胸背部痛、呼吸苦で救急を受診した60歳代女性 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  7. 「ビットコイン」の技術は医療にも トレンド◎ブロックチェーンを電子カルテなどの情報基盤に活用 FBシェア数:40
  8. 胸部や腹部のCT検査が腎切除術を増やす JAMA Intern Med誌から FBシェア数:41
  9. 穏やかな在宅死を望んでいたのに警察沙汰に 医師が知らない介護の話 FBシェア数:27
  10. 「女性医師余り」は進んでいく Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:85
医師と医学研究者におすすめの英文校正