2006.01.11

食後1時間後の血糖値上昇を強く抑えるα-グルコシダーゼ阻害剤が発売

 わが国で3番目のα-グルコシダーゼ阻害剤が1月11日に発売された。三和化学が製造販売元で大日本住友製薬が共同情報提供活動を行うミグリトール(製品名:セイブル)で、食後30分から2時間の血糖値の上昇を抑制する。既存のα-グルコシダーゼ阻害剤に比べて、食後1時間後の血糖値上昇を強く抑えることが特色で食後のインスリン分泌を節約し、膵臓のβ細胞の負担を軽減できるという。

 食後高血糖は、血管内皮細胞を傷害し、動脈硬化性疾患のリスクファクターであることが最近の研究により明らかにされている。平均すると正常でも血糖値が高値を繰り返すと血管内皮細胞の傷害が強くなることも明らかにされている。さらに、早期糖尿病では食後2時間ではなく1時間で食後血糖値のピークがくる場合もあるため、従来の食後2時間血糖値に加えて食後1時間血糖値の治療標的としての重要性も示唆されているという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング中間、大学首位は不動の東京医科歯科 「医師臨床研修マッチング2017」中間結果ランキング FBシェア数:338
  2. 「研修医にやる気がない」「教えるとウザがられる」… 学会トピック◎日本病院総合診療医学会学術総会 FBシェア数:650
  3. 知ってた? 一円玉はX線画像に写らない! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:221
  4. 55歳女性。起床後、頻回の嘔吐・下痢 日経メディクイズ●腹部X線 FBシェア数:0
  5. 25歳女性。外陰部の結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 「スポーツ98%です!」どういう意味か分かります… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:179
  7. 「あの医者は検査してくれない」にこう対処 特集◎検査の賢い減らし方《実践編2》 FBシェア数:5
  8. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:34
  9. 50歳代男性。発熱、呼吸困難、左下腿疼痛 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  10. 吐き気と微妙な心電図、先生の判断は? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:0