2006.01.11

トルコのH5N1感染、一挙に15人が検査で確認、多数が感染疑いで治療中

 世界保健機関(WHO)は2006年1月10日、トルコの検査機関が実施した検査の結果、37歳の女性の感染が確認されたと発表した。同国におけるH5N1ウイルスの感染確定者はこれで15人になる。この女性はトルコ中北部のシバス県在住者で、死亡した鶏に接触した履歴があるが、この地域における家禽類の感染流行は公式には確認されていない。

 トルコでは1月に入ってからH5N1ウイルスのヒト感染が多数確認されている。1月9日のWHO発表によれば、15例の感染確定例のうち、14歳の少年と15歳の姉の2人が死亡している。この2人の妹にあたる12歳の少女も死亡しているが、確定診断はまだついていない。

 感染が疑われる患者が最も多いと見られるのはトルコ東部のヴァン県で、38人が治療を受けている。このほか、同国中北部のアンカラ県、カスタモヌ県、コルム県、サムスン県などに患者が発生している。短期間にこれだけ大量のH5N1ヒト感染が発生し、確認されたのはおそらく初めてのことだ。

 WHOによれば、患者のほとんどは子どもで、多くは農村の在住者だという。ヒト−ヒト間の感染の証拠はなく、すべて病鳥との密接な接触で感染したと推定されている。同国では寒い時に家内に家禽を入れる習慣があり、そうした状況が感染の機会をもたらしたようだ。

 WHOでは調査・支援のチームを患者が多いヴァン県に派遣し、流行制御について地域当局と協議を進めている。

 WHOの感染症速報はこちら(1報更新報更新2報更新3報)で閲覧できる。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  3. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:710
  5. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:104
  6. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:124
  7. 起立性低血圧は立って1分以内に測定すべき JAMA Internal Med誌から FBシェア数:108
  8. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:156
  9. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:511
  10. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161