2006.01.11

トルコのH5N1感染、一挙に15人が検査で確認、多数が感染疑いで治療中

 世界保健機関(WHO)は2006年1月10日、トルコの検査機関が実施した検査の結果、37歳の女性の感染が確認されたと発表した。同国におけるH5N1ウイルスの感染確定者はこれで15人になる。この女性はトルコ中北部のシバス県在住者で、死亡した鶏に接触した履歴があるが、この地域における家禽類の感染流行は公式には確認されていない。

 トルコでは1月に入ってからH5N1ウイルスのヒト感染が多数確認されている。1月9日のWHO発表によれば、15例の感染確定例のうち、14歳の少年と15歳の姉の2人が死亡している。この2人の妹にあたる12歳の少女も死亡しているが、確定診断はまだついていない。

 感染が疑われる患者が最も多いと見られるのはトルコ東部のヴァン県で、38人が治療を受けている。このほか、同国中北部のアンカラ県、カスタモヌ県、コルム県、サムスン県などに患者が発生している。短期間にこれだけ大量のH5N1ヒト感染が発生し、確認されたのはおそらく初めてのことだ。

 WHOによれば、患者のほとんどは子どもで、多くは農村の在住者だという。ヒト−ヒト間の感染の証拠はなく、すべて病鳥との密接な接触で感染したと推定されている。同国では寒い時に家内に家禽を入れる習慣があり、そうした状況が感染の機会をもたらしたようだ。

 WHOでは調査・支援のチームを患者が多いヴァン県に派遣し、流行制御について地域当局と協議を進めている。

 WHOの感染症速報はこちら(1報更新報更新2報更新3報)で閲覧できる。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:147
  2. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:199
  3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:42
  4. 二次予防ならSGLT2阻害薬が第二選択薬に 特集◎生活習慣病 7つの新常識《7》 FBシェア数:79
  5. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:55
  6. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:29
  7. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:63
  8. あれ・それがどれ?で論文が台無しです! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:16
  9. アレルギー性鼻炎に世界初の経皮吸収型製剤 最新DIピックアップ FBシェア数:132
  10. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:45
医師と医学研究者におすすめの英文校正