2006.01.11

トルコのH5N1感染、一挙に15人が検査で確認、多数が感染疑いで治療中

 世界保健機関(WHO)は2006年1月10日、トルコの検査機関が実施した検査の結果、37歳の女性の感染が確認されたと発表した。同国におけるH5N1ウイルスの感染確定者はこれで15人になる。この女性はトルコ中北部のシバス県在住者で、死亡した鶏に接触した履歴があるが、この地域における家禽類の感染流行は公式には確認されていない。

 トルコでは1月に入ってからH5N1ウイルスのヒト感染が多数確認されている。1月9日のWHO発表によれば、15例の感染確定例のうち、14歳の少年と15歳の姉の2人が死亡している。この2人の妹にあたる12歳の少女も死亡しているが、確定診断はまだついていない。

 感染が疑われる患者が最も多いと見られるのはトルコ東部のヴァン県で、38人が治療を受けている。このほか、同国中北部のアンカラ県、カスタモヌ県、コルム県、サムスン県などに患者が発生している。短期間にこれだけ大量のH5N1ヒト感染が発生し、確認されたのはおそらく初めてのことだ。

 WHOによれば、患者のほとんどは子どもで、多くは農村の在住者だという。ヒト−ヒト間の感染の証拠はなく、すべて病鳥との密接な接触で感染したと推定されている。同国では寒い時に家内に家禽を入れる習慣があり、そうした状況が感染の機会をもたらしたようだ。

 WHOでは調査・支援のチームを患者が多いヴァン県に派遣し、流行制御について地域当局と協議を進めている。

 WHOの感染症速報はこちら(1報更新報更新2報更新3報)で閲覧できる。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:41
  2. 叱るのが苦手…、態度が悪い職員にどう指導? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:4
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:426
  4. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:6
  5. 遠隔医療、ネット診療って儲かるの? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:29
  6. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  7. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:83
  8. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:4
  9. 在宅医療のサービス提供、評価のあり方を議論 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:67
  10. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:449