2006.01.11

トルコのH5N1感染、一挙に15人が検査で確認、多数が感染疑いで治療中

 世界保健機関(WHO)は2006年1月10日、トルコの検査機関が実施した検査の結果、37歳の女性の感染が確認されたと発表した。同国におけるH5N1ウイルスの感染確定者はこれで15人になる。この女性はトルコ中北部のシバス県在住者で、死亡した鶏に接触した履歴があるが、この地域における家禽類の感染流行は公式には確認されていない。

 トルコでは1月に入ってからH5N1ウイルスのヒト感染が多数確認されている。1月9日のWHO発表によれば、15例の感染確定例のうち、14歳の少年と15歳の姉の2人が死亡している。この2人の妹にあたる12歳の少女も死亡しているが、確定診断はまだついていない。

 感染が疑われる患者が最も多いと見られるのはトルコ東部のヴァン県で、38人が治療を受けている。このほか、同国中北部のアンカラ県、カスタモヌ県、コルム県、サムスン県などに患者が発生している。短期間にこれだけ大量のH5N1ヒト感染が発生し、確認されたのはおそらく初めてのことだ。

 WHOによれば、患者のほとんどは子どもで、多くは農村の在住者だという。ヒト−ヒト間の感染の証拠はなく、すべて病鳥との密接な接触で感染したと推定されている。同国では寒い時に家内に家禽を入れる習慣があり、そうした状況が感染の機会をもたらしたようだ。

 WHOでは調査・支援のチームを患者が多いヴァン県に派遣し、流行制御について地域当局と協議を進めている。

 WHOの感染症速報はこちら(1報更新報更新2報更新3報)で閲覧できる。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:211
  2. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:109
  3. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:107
  4. ベンゾジアゼピンの処方は市中肺炎のリスク Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:140
  5. 「病院⇒介護医療院」の転換、10万床規模にも 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:57
  6. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:19
  7. 外科医は短気だから短期トレードで損を出す? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  8. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:48
  9. 動脈硬化は朝食をとらない人に多い J Am Coll Cardiol誌から FBシェア数:168
  10. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:67