2006.01.11

塩野義製薬、米社と新規疼痛治療薬の共同研究、販売に関する契約を締結

 塩野義製薬は2006年1月10日、米Purdue Pharma L.P.社と新規疼痛治療薬の共同研究および全世界での共同販売に関する契約を締結したと発表した。今回の共同研究では、体内の疼痛反応を調節するいくつかの受容体や経路を標的とする3プログラムの新規化合物の開発に焦点を当てるという。

 今回の契約内容は、臨床試験費用は両社で負担、共同研究から創製されるすべての疼痛治療薬を、両社が共同で全世界に販売・販促していくというもの。また、塩野義製薬は当初3年間の共同研究費及び一定の時点でマイルストーン金を支払い、Purdue 社は疼痛治療薬の販売額に応じてマイルストーン金を塩野義製薬に支払う。(星野康)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:73
  2. 辛い食事で下痢するのは機能性腸疾患の証!? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:28
  3. 結婚や恋愛にパワーと時間はなかなか使えない Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:6
  4. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:88
  5. 「結婚は?」と聞かれるのは苦手 Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:12
  6. 関節リウマチの原因は腸内細菌の乱れ Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:20
  7. 11時間も待たされて、処方は痛み止めだけ? マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:10
  8. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:40
  9. こんないい薬があったなんて…! 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:26
  10. 健常者の肺はどのように映るのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:11