2006.01.10

協和発酵、M期キネシンEg5阻害剤の開発・販売権をLilly社に供与

 協和発酵は2006年1月10日、自社開発の抗がん剤候補化合物であるM期キネシンEg5阻害剤の、日本を除く地域での独占的な開発・販売権を米Eli Lilly社に供与することに2005年12月19日に合意したと発表した。

 細胞分裂では、染色体を分離するために、中心体が細胞の両極へと移動する。M期キネシンEg5は、中心体の両極への移動を司るたんぱく質。協和発酵が開発した製剤は、このたんぱく質の作用を特異的に阻害することで、中心体の分離を抑制する。その結果、がん細胞の細胞周期をM期に停止させ、アポトーシス(細胞死)をがん細胞に誘導する。

 がん細胞をM期に停止させる抗がん剤には、細胞分裂の際に形成される微小管の作用を阻害する酒石酸ビノレルビンがある。しかし微小管は、がん細胞だけでなく神経細胞などの正常細胞でも重要な機能を担っているため、手足のしびれなどの神経障害が副作用として問題となっている。一方、M期キネシンEg5阻害剤は微小管には全く作用しないため、副作用である神経障害を起こさないことが期待されているという。

 協和発酵のM期キネシンEg5阻害剤は、前臨床試験の段階にある。今回のライセンス契約に伴って、今後はLilly社が開発を引き継ぎ、欧米を中心に臨床試験の準備を行うという。

 協和発酵は、Lilly社から契約金、マイルストーンおよび製品販売に伴うロイヤルティーの支払いを受ける。またアジアの一部の国においては、同社との共同開発・共同販売権を確保する。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:116
  2. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:197
  3. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:5
  4. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:48
  5. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:0
  6. 初期臨床研修の内容・評価基準が大幅改定へ 7科必修化、コミュニケーション能力などの評価が追加 FBシェア数:40
  7. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:31
  8. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:157
  9. 耳症状のみ、ANCA陰性でも注意深く観察を ANCA関連血管炎性中耳炎を学ぶ FBシェア数:0
  10. 血圧ビッグデータからエビデンスは作れる インタビュー◎上島弘嗣氏(滋賀医科大学アジア疫学研究センター) FBシェア数:55