2006.01.10

三共が米社から循環器薬候補のδプロテインキナーゼC阻害剤の権利を獲得

 第一三共と米KAI Pharmaceuticals社は2006年1月9日、第一三共の子会社である三共とKAI社が循環器系疾患を対象に開発が進められているδ(デルタ)プロテインキナーゼC阻害剤KAI-9803について、全世界における開発と商業化で提携したと発表した。

 KAI-9803は、心筋組織死の防御薬、血管再開通術を受けた急性心筋梗塞患者における関連した慢性心不全の治療薬になる可能性のある製剤。現在、バルーン血管形成術を受けた急性心筋梗塞患者を対象にしたフェーズ1/2臨床試験が行われている。

 提携に伴って、三共は契約時支払金として2000万ドルをKAI社に支払う。また、KAI社は最初の2適応症について、開発と商業化の進展度に応じて最大で3億ドル受け取る可能性がある。三共は将来の開発費用をすべて負担し、売り上げに応じて2桁のロイヤルティをKAI社に支払い、KAI9803の全世界における開発権と商業化権を獲得する。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:94
  2. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:68
  3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
  4. 見逃してはならないクモ膜下出血 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:2
  5. 麻酔科専門医の要件「単一施設に週3日以上勤務」へ フリーランス麻酔科医への影響は? 2019年から要件追加、2年の猶予 FBシェア数:189
  6. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:315
  7. 「月1回訪問+オンライン」で在宅医療を効率化 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《4》 FBシェア数:26
  8. 肝細胞癌治療にパワーのある2次治療薬が加わる 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:29
  9. 冠静脈デバイスは冠虚血治療のラストリゾートか 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:30
  10. 聖路加病院長・福井氏「『医療の質』の議論が二の次… 学会トピック◎日本病院学会2018 FBシェア数:235
医師と医学研究者におすすめの英文校正