2006.01.10

三共が米社から循環器薬候補のδプロテインキナーゼC阻害剤の権利を獲得

 第一三共と米KAI Pharmaceuticals社は2006年1月9日、第一三共の子会社である三共とKAI社が循環器系疾患を対象に開発が進められているδ(デルタ)プロテインキナーゼC阻害剤KAI-9803について、全世界における開発と商業化で提携したと発表した。

 KAI-9803は、心筋組織死の防御薬、血管再開通術を受けた急性心筋梗塞患者における関連した慢性心不全の治療薬になる可能性のある製剤。現在、バルーン血管形成術を受けた急性心筋梗塞患者を対象にしたフェーズ1/2臨床試験が行われている。

 提携に伴って、三共は契約時支払金として2000万ドルをKAI社に支払う。また、KAI社は最初の2適応症について、開発と商業化の進展度に応じて最大で3億ドル受け取る可能性がある。三共は将来の開発費用をすべて負担し、売り上げに応じて2桁のロイヤルティをKAI社に支払い、KAI9803の全世界における開発権と商業化権を獲得する。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:171
  2. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい FBシェア数:516
  4. 「25分」のカンファレンス準備時間が「0分」に リポート◎京大病院が進めるICT業務効率化(2) FBシェア数:143
  5. COPD患者が骨粗鬆症を発症しやすい理由 トレンド◎COPDがII期になるとき骨密度が同時に低下 FBシェア数:140
  6. 「こんな自分でも4月から救急医になれますか」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. アルブミンはギラン・バレー症候群の予測因子 JAMA Neurology誌から FBシェア数:130
  8. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:159
  9. 透明化迫られる病医院の関連法人、取引実態が閲覧可… 記者リポート FBシェア数:45
  10. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:124