2006.01.10

三共が米社から循環器薬候補のδプロテインキナーゼC阻害剤の権利を獲得

 第一三共と米KAI Pharmaceuticals社は2006年1月9日、第一三共の子会社である三共とKAI社が循環器系疾患を対象に開発が進められているδ(デルタ)プロテインキナーゼC阻害剤KAI-9803について、全世界における開発と商業化で提携したと発表した。

 KAI-9803は、心筋組織死の防御薬、血管再開通術を受けた急性心筋梗塞患者における関連した慢性心不全の治療薬になる可能性のある製剤。現在、バルーン血管形成術を受けた急性心筋梗塞患者を対象にしたフェーズ1/2臨床試験が行われている。

 提携に伴って、三共は契約時支払金として2000万ドルをKAI社に支払う。また、KAI社は最初の2適応症について、開発と商業化の進展度に応じて最大で3億ドル受け取る可能性がある。三共は将来の開発費用をすべて負担し、売り上げに応じて2桁のロイヤルティをKAI社に支払い、KAI9803の全世界における開発権と商業化権を獲得する。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:467
  2. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:2
  3. 看護師がI.C.に同席し患者の理解をサポート 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編3》 FBシェア数:14
  4. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:170
  5. 三環系抗うつ薬:うつ以外への処方も広がる NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:3
  7. 非専門領域の新薬、いつから使う? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:4
  8. 説明同意文書に死亡リスクを具体的に記載 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編2》 FBシェア数:62
  9. 裁判所が求めるインフォームド・コンセントとは 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:144
  10. 主治医は言い訳をせずに真実をしっかり伝えよ 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編1》 FBシェア数:146