2006.01.10

米国の先天性欠損の発症率公表、ダウン症は出生1万人あたり14人

 米国疾病対策センター(CDC)は2006年1月6日、18種類の主な先天性欠損について、1999〜2001年の全米の発症率推定値を公表した。発症率が最も高かったのはダウン症で、出生児1万人あたり13.65人、年間で推定5429児に上るとしている。これは、米国11州のデータを基に割り出した全米の推定値で、CDCが、罹患率や死亡率に関する週刊リポートMorbidity and Mortality Weekly Report(MMWR)誌1月6日号で公表した。

 先天性欠損の発症率が2番目に高かったのは口唇裂で、出生児1万人あたり10.48人、次いで口蓋裂が同6.39人、直腸・大腸の閉鎖や狭窄が同4.81人、大血管転位が同4.73人、房室中隔欠損が同4.35人だった。

 CDCによると、先天性欠損は米国における新生児死亡の原因の筆頭だという。また米国では年間約12万人の新生児に先天性欠損が見られるという。詳しくは、CDCのWebサイトのこちらまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239