2006.01.10

米国の先天性欠損の発症率公表、ダウン症は出生1万人あたり14人

 米国疾病対策センター(CDC)は2006年1月6日、18種類の主な先天性欠損について、1999〜2001年の全米の発症率推定値を公表した。発症率が最も高かったのはダウン症で、出生児1万人あたり13.65人、年間で推定5429児に上るとしている。これは、米国11州のデータを基に割り出した全米の推定値で、CDCが、罹患率や死亡率に関する週刊リポートMorbidity and Mortality Weekly Report(MMWR)誌1月6日号で公表した。

 先天性欠損の発症率が2番目に高かったのは口唇裂で、出生児1万人あたり10.48人、次いで口蓋裂が同6.39人、直腸・大腸の閉鎖や狭窄が同4.81人、大血管転位が同4.73人、房室中隔欠損が同4.35人だった。

 CDCによると、先天性欠損は米国における新生児死亡の原因の筆頭だという。また米国では年間約12万人の新生児に先天性欠損が見られるという。詳しくは、CDCのWebサイトのこちらまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54