2006.01.10

米国の先天性欠損の発症率公表、ダウン症は出生1万人あたり14人

 米国疾病対策センター(CDC)は2006年1月6日、18種類の主な先天性欠損について、1999〜2001年の全米の発症率推定値を公表した。発症率が最も高かったのはダウン症で、出生児1万人あたり13.65人、年間で推定5429児に上るとしている。これは、米国11州のデータを基に割り出した全米の推定値で、CDCが、罹患率や死亡率に関する週刊リポートMorbidity and Mortality Weekly Report(MMWR)誌1月6日号で公表した。

 先天性欠損の発症率が2番目に高かったのは口唇裂で、出生児1万人あたり10.48人、次いで口蓋裂が同6.39人、直腸・大腸の閉鎖や狭窄が同4.81人、大血管転位が同4.73人、房室中隔欠損が同4.35人だった。

 CDCによると、先天性欠損は米国における新生児死亡の原因の筆頭だという。また米国では年間約12万人の新生児に先天性欠損が見られるという。詳しくは、CDCのWebサイトのこちらまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:1
  2. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:41
  3. 39歳男性。両下肢のしびれ、痛み 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  4. 立て続けにレセプト査定、今講じるべき対策は? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:2
  5. ビギナーの助手は「術野展開」への専念が大切 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:15
  6. CKDの原因に便秘 便秘薬に腎保護作用 Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:4
  7. 関節リウマチの原因は腸内細菌の乱れ Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:68
  8. 地裁が「パワハラで解雇は無効」 群馬大医学系研究科教授の懲戒解雇処分 FBシェア数:3
  9. 再発膀胱癌で生じた発汗、動悸、呼吸困難 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  10. 超拡大内視鏡とAIの活用で大腸癌リンパ節転移の予… 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:6