2006.01.06

オリンパスが肺がん早期発見につながる分子診断法の実用化に向け米社とアジアで臨床研究展開

 オリンパスは2006年1月6日、米Cangen Biotechnologies社と肺がんの早期発見を目的とした分子診断法の実用化を目指し、この4月からアジアで臨床研究を本格的に展開すると発表した。両社は2005年4月から、オリンパスの遺伝子解析技術と、Cangen社のDNA、たんぱく質を用いた分子診断技術を融合させて、特に肺がんの分子診断法の実用化に向けた共同開発を進めてきた。

 共同開発は、血液を用いる低侵襲検査の確立を目標とし、早期の肺がんに特異的なDNAマーカーを探索している。現時点で、早期がんを含む凍結保存組織検体において、70%から80%の確率で変化するDNAマーカー候補が見つかってきているという。両社は更にDNAマーカーに関するデータ蓄積を行うとともに、次の段階として4月から、DNAマーカーの検証と診断法の評価に向けたアジアでの臨床研究を本格的に開始する。約2年後に米食品医薬品局から販売認可を獲得することを目標としている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180