2006.01.06

オリンパスが肺がん早期発見につながる分子診断法の実用化に向け米社とアジアで臨床研究展開

 オリンパスは2006年1月6日、米Cangen Biotechnologies社と肺がんの早期発見を目的とした分子診断法の実用化を目指し、この4月からアジアで臨床研究を本格的に展開すると発表した。両社は2005年4月から、オリンパスの遺伝子解析技術と、Cangen社のDNA、たんぱく質を用いた分子診断技術を融合させて、特に肺がんの分子診断法の実用化に向けた共同開発を進めてきた。

 共同開発は、血液を用いる低侵襲検査の確立を目標とし、早期の肺がんに特異的なDNAマーカーを探索している。現時点で、早期がんを含む凍結保存組織検体において、70%から80%の確率で変化するDNAマーカー候補が見つかってきているという。両社は更にDNAマーカーに関するデータ蓄積を行うとともに、次の段階として4月から、DNAマーカーの検証と診断法の評価に向けたアジアでの臨床研究を本格的に開始する。約2年後に米食品医薬品局から販売認可を獲得することを目標としている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 職員が2グループに分裂、退職相次ぐ事態に 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:40
  2. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:46
  4. 慈恵医大、画像診断所見放置で新たに2人死亡 画像診断報告書の確認漏れが相次ぐ FBシェア数:192
  5. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:245
  6. 怒りのピーク「7秒間」を制する極意 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:24
  7. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:14
  8. ハーボニーが使えないC型肝炎患者はどうなる? 記者の眼 FBシェア数:0
  9. やる気のある職員が定着しない…打開策は? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:116
  10. 「What can I help you wit… 実践!医療英語「このフレーズ、英語で何と言う?」 FBシェア数:1