2006.01.06

オリンパスが肺がん早期発見につながる分子診断法の実用化に向け米社とアジアで臨床研究展開

 オリンパスは2006年1月6日、米Cangen Biotechnologies社と肺がんの早期発見を目的とした分子診断法の実用化を目指し、この4月からアジアで臨床研究を本格的に展開すると発表した。両社は2005年4月から、オリンパスの遺伝子解析技術と、Cangen社のDNA、たんぱく質を用いた分子診断技術を融合させて、特に肺がんの分子診断法の実用化に向けた共同開発を進めてきた。

 共同開発は、血液を用いる低侵襲検査の確立を目標とし、早期の肺がんに特異的なDNAマーカーを探索している。現時点で、早期がんを含む凍結保存組織検体において、70%から80%の確率で変化するDNAマーカー候補が見つかってきているという。両社は更にDNAマーカーに関するデータ蓄積を行うとともに、次の段階として4月から、DNAマーカーの検証と診断法の評価に向けたアジアでの臨床研究を本格的に開始する。約2年後に米食品医薬品局から販売認可を獲得することを目標としている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 新制度、おまえはもう… 思案橋に夜9時でよかですか? FBシェア数:37
  2. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:67
  3. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:72
  5. 頭に何かできました。もしかしてガンですか? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:33
  6. 働き方改革とは働き方の多様性を認めること シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:35
  7. 血糖値スパイクが発覚した意外な食事 堀籠淳之の「日々是精進!薬剤師道場」 FBシェア数:174
  8. 慢性便秘に対する大建中湯の効果を検証する試験が進… 学会トピック◎第14回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:86
  9. HER2陽性進行乳癌への毒性を軽減したエリブリン… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:23
  10. 一酸化炭素中毒の後遺症をMRIで予測する JAMA Neurology誌から FBシェア数:41
医師と医学研究者におすすめの英文校正