2006.01.05

日本新薬が開発中の慢性骨髄性白血病治療剤を米社にライセンス

 日本新薬は、2006年1月5日、米INNOVIVE社に慢性骨髄性白血病(CML)治療剤(開発記号:NS-187)をライセンスする契約を2005年12月28日に締結したと発表した。契約に伴って、INNOVIVE社はNS-187の日本を除く全世界での独占的な開発・販売権を獲得した。

 NS-187は日本新薬が創製した新規分子標的薬で、現在前臨床段階。CMLの治療薬として一般的に使用されているイマチニブメシレートに感受性を示さないBcr-Ablチロシンキナーゼや同剤の耐性を引き起こすと考えられているLynチロシンキナーゼに対して強い阻害活性作用を示すことがin vitroの実験で確認されている。また、NS-187は、動物実験で延命効果も確認できているという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:53
  2. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  3. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:22
  4. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:287
  5. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  6. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:90
  7. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:244
  8. 地域医療連携推進法人の運用ガイドライン決まる 制度の内容がほぼ確定、4月2日にも第1号認可か FBシェア数:8
  9. 昨年11月時点の7対1病床、半年間で6105床減 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:8
  10. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385