2006.01.05

日本新薬が開発中の慢性骨髄性白血病治療剤を米社にライセンス

 日本新薬は、2006年1月5日、米INNOVIVE社に慢性骨髄性白血病(CML)治療剤(開発記号:NS-187)をライセンスする契約を2005年12月28日に締結したと発表した。契約に伴って、INNOVIVE社はNS-187の日本を除く全世界での独占的な開発・販売権を獲得した。

 NS-187は日本新薬が創製した新規分子標的薬で、現在前臨床段階。CMLの治療薬として一般的に使用されているイマチニブメシレートに感受性を示さないBcr-Ablチロシンキナーゼや同剤の耐性を引き起こすと考えられているLynチロシンキナーゼに対して強い阻害活性作用を示すことがin vitroの実験で確認されている。また、NS-187は、動物実験で延命効果も確認できているという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:8
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:14
  3. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:100
  4. その消化管出血、本当に抗血栓薬が原因ですか? 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:146
  5. “不思議ちゃん”看護師が職場にいたら うさコメント! FBシェア数:0
  6. DAPT併用にはワルファリンよりNOACが安全 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:4
  7. すっぴん出勤の理由 病院珍百景 FBシェア数:1
  8. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:123
  9. 幼少期の愛情剥奪は長期的な悪影響を及ぼす Lancet誌から FBシェア数:99
  10. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急