2006.01.04

既存治療法が無効なCMLとフィラデルフィア染色体陽性ALLを対象にダサチニブが米国で申請

 米Bristol-Myers Squibb社は2005年12月28日、慢性期、急性期、急性転化期の慢性骨髄性白血病(CML)とフィラデルフィア染色体陽性の急性リンパ球性白血病(ALL)を対象にSRC/ABLキナーゼ阻害剤ダサチニブの米食品医薬品局に対する販売認可申請を完了したと発表した。申請は既存の治療法が無効、または抵抗性となった成人のCML患者、フィラデルフィア染色体患者を対象に認可を求めるものだ。わが国ではフェーズ1臨床試験が行われている。

 2005年12月に開催された米国血液学会でダサチニブの有用性を示すフェーズ2臨床試験の結果が発表されている。イマチニブに耐性もしくは無効であった急性期のCML患者(演題番号39)、イマチニブに耐性もしくは無効であった急性転化期のCML患者(演題番号40)、イマチニブに耐性もしくは無効であった慢性期のCML患者(演題番号41)、イマチニブに耐性もしくは無効であったフィラデルフィア染色体陽性のALL患者(演題番号42)でそれぞれ有望結果が得られたことが発表されている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 3歳女児。掌蹠に痒みを伴う多発性の水疱・膿疱 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:1
  2. 85歳女性、心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 78歳女性。腹部の線状紅斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 腎機能の検査の遅れが透析導入や死亡早めた 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:46
  5. 専門医資格をとるメリットが分かりません 医学生座談会◎新専門医制度って何がしたいの? FBシェア数:3
  6. 体重増加前に心不全増悪の予兆をどう察知する? 特集◎あなたが防ぐ急性増悪《心不全》 FBシェア数:81
  7. 24歳女性。全身の皮疹、発熱 日経メディクイズ●初期診療 FBシェア数:0
  8. 胸腔ドレーン挿入の理想と現実 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:80
  9. 「これって労災ですよね」 腰痛の職員が院長に要求 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:54
  10. 脳内出血しやすい高齢者はこう見分ける リポート◎悩ましい高齢者への抗凝固療法 FBシェア数:126
医師と医学研究者におすすめの英文校正