2006.01.04

既存治療法が無効なCMLとフィラデルフィア染色体陽性ALLを対象にダサチニブが米国で申請

 米Bristol-Myers Squibb社は2005年12月28日、慢性期、急性期、急性転化期の慢性骨髄性白血病(CML)とフィラデルフィア染色体陽性の急性リンパ球性白血病(ALL)を対象にSRC/ABLキナーゼ阻害剤ダサチニブの米食品医薬品局に対する販売認可申請を完了したと発表した。申請は既存の治療法が無効、または抵抗性となった成人のCML患者、フィラデルフィア染色体患者を対象に認可を求めるものだ。わが国ではフェーズ1臨床試験が行われている。

 2005年12月に開催された米国血液学会でダサチニブの有用性を示すフェーズ2臨床試験の結果が発表されている。イマチニブに耐性もしくは無効であった急性期のCML患者(演題番号39)、イマチニブに耐性もしくは無効であった急性転化期のCML患者(演題番号40)、イマチニブに耐性もしくは無効であった慢性期のCML患者(演題番号41)、イマチニブに耐性もしくは無効であったフィラデルフィア染色体陽性のALL患者(演題番号42)でそれぞれ有望結果が得られたことが発表されている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:49
  2. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:71
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:295
  5. 高リスク者には抗インフル薬の予防投与を! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《3》 FBシェア数:14
  6. 「アプリで治療革新を」ある内科医の挑戦 リポート◎医師がベンチャー起業を決意するとき FBシェア数:58
  7. 「セルフコーチング」で目標達成へ飛躍の年に! 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:49
  8. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:136
  9. 病気に人生を壊されないマネジメントが必要だ 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:11
  10. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:47