2006.01.04

加齢黄斑変性症を対象にした抗体医薬が米国で申請

 米国Genentech社は2005年12月30日、抗血管内皮増殖因子抗体断片製剤ラニビズマブ(商品名:Lucentis)のウェット型加齢黄斑変性症(AMD)を対象にした認可申請を米国で行ったと発表した。

 ラニビズマブは、AMD患者を対象にした2件の大規模フェーズ3臨床試験で視力の改善が見られた製剤で、AMDの既存療法であるベルテポルフィン(製品名:Visudyne)による光線力学療法(PDT)を上回る効果が報告されている。

 ラニビズマブの申請はフェーズ1/2臨床試験「FOCUS」から得られた1年間のデータ、2件のフェーズ3臨床試験「ANCHOR」と「MARINA」から得られた1年間のデータを基に行われた。Genentech社は現在、安全性を調べることを主眼とした「SAILOR」とよぶフェーズ3b試験の患者登録を実施中であるほか、ラニビズマブの投与頻度を減らしたフェーズ3b試験「PIER」を進めており、2006年前半にはデータが得られる予定だ。
 
 ラニビズマブは、Genentech社とスイスNovartis Pharma社の眼科事業部門によって開発が進められており、Genentech社が北米での商業化権を持ち、それ以外の国における独占的商業化権は、Novartis社が保有している。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:315
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1041
  3. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:134
  4. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:414
  5. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:274
  6. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:249
  7. なんで医師が投資をしちゃいけないの? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:63
  8. 病院が介護施設へ転換…でも「肩書は院長です」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:53
  9. 経口鉄剤:7割以上がフェロミアを支持 NMO処方サーベイ FBシェア数:1
  10. 高齢患者を救うDr.SUPERMAN リポート◎隠れた機能障害や生活上の問題点を拾い出す FBシェア数:44