2006.01.04

加齢黄斑変性症を対象にした抗体医薬が米国で申請

 米国Genentech社は2005年12月30日、抗血管内皮増殖因子抗体断片製剤ラニビズマブ(商品名:Lucentis)のウェット型加齢黄斑変性症(AMD)を対象にした認可申請を米国で行ったと発表した。

 ラニビズマブは、AMD患者を対象にした2件の大規模フェーズ3臨床試験で視力の改善が見られた製剤で、AMDの既存療法であるベルテポルフィン(製品名:Visudyne)による光線力学療法(PDT)を上回る効果が報告されている。

 ラニビズマブの申請はフェーズ1/2臨床試験「FOCUS」から得られた1年間のデータ、2件のフェーズ3臨床試験「ANCHOR」と「MARINA」から得られた1年間のデータを基に行われた。Genentech社は現在、安全性を調べることを主眼とした「SAILOR」とよぶフェーズ3b試験の患者登録を実施中であるほか、ラニビズマブの投与頻度を減らしたフェーズ3b試験「PIER」を進めており、2006年前半にはデータが得られる予定だ。
 
 ラニビズマブは、Genentech社とスイスNovartis Pharma社の眼科事業部門によって開発が進められており、Genentech社が北米での商業化権を持ち、それ以外の国における独占的商業化権は、Novartis社が保有している。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  2. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:530
  3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:253
  4. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:252
  5. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:303
  6. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:151
  8. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:39
  9. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:194
  10. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:154
医師と医学研究者におすすめの英文校正