2006.01.04

FDAが骨髄異形成症候群の治療薬を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は2005年12月28日、第5番染色体異常を伴う骨髄異形成症候群の治療薬として、Revlimid (一般名:レナリドミド)を承認した。

 治験では、レナリドミドを投与した患者の多くが、3カ月後までに輸血が不必要な状態に改善したという。そうした輸血が不要な状態は平均で44週間継続した。FDAによると、米国では年間7000〜1万2000人が新たに骨髄異形成症候群の診断を受けるという。

 なおレナリドミドは、重度の出生時欠損の原因として知られる薬であるサリドマイドと構造的に似ているため、レナリドミドの同様なリスクの有無については、追加試験を行っている最中だという。そのため当面、事前に登録した医師や薬剤師のみが限定的に処方を行う。

 Revlimidの販売元は、米Celgene Corporation社(ニュージャージー州Summit)。詳しくはFDAのWebサイトのこちらまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 76歳女性。動悸、ふらつき 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  2. 「診療科の転科に伴うリスクやお勧めの立ち回り方は… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:21
  3. IT化し過ぎて伝達ミスが多発します… 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:30
  4. 「腹膜透析は使えない」は過去のもの 日本透析医学会理事長の中元秀友氏に聞く FBシェア数:8
  5. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:150
  6. 理想は「自分に甘く、他人にも甘い」人 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:35
  7. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:89
  8. 汚部屋で眠るハルコさん ぐるぐる訪問看護 FBシェア数:67
  9. フレイル高齢者の処方、医師の8割が見直し 医師1000人に聞きました FBシェア数:8
  10. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
医師と医学研究者におすすめの英文校正