2006.01.04

FDAが骨髄異形成症候群の治療薬を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は2005年12月28日、第5番染色体異常を伴う骨髄異形成症候群の治療薬として、Revlimid (一般名:レナリドミド)を承認した。

 治験では、レナリドミドを投与した患者の多くが、3カ月後までに輸血が不必要な状態に改善したという。そうした輸血が不要な状態は平均で44週間継続した。FDAによると、米国では年間7000〜1万2000人が新たに骨髄異形成症候群の診断を受けるという。

 なおレナリドミドは、重度の出生時欠損の原因として知られる薬であるサリドマイドと構造的に似ているため、レナリドミドの同様なリスクの有無については、追加試験を行っている最中だという。そのため当面、事前に登録した医師や薬剤師のみが限定的に処方を行う。

 Revlimidの販売元は、米Celgene Corporation社(ニュージャージー州Summit)。詳しくはFDAのWebサイトのこちらまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1279
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:178
  3. JTに異例の反論を出した国がんが抱く危機感 Cadetto通信 FBシェア数:121
  4. 開業4年目の私が医院経営の勉強会を作ったわけ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:45
  5. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:232
  6. 国主導で『抗菌薬適正使用の手引き』作成へ 政府の薬剤耐性対策アクションプランが始動 FBシェア数:19
  7. 真面目ちゃんが燃え尽きるとき 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:193
  9. 医師にも多い? 過敏性腸症候群(IBS)型便秘 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:344
  10. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0