2006.01.04

FDAが骨髄異形成症候群の治療薬を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は2005年12月28日、第5番染色体異常を伴う骨髄異形成症候群の治療薬として、Revlimid (一般名:レナリドミド)を承認した。

 治験では、レナリドミドを投与した患者の多くが、3カ月後までに輸血が不必要な状態に改善したという。そうした輸血が不要な状態は平均で44週間継続した。FDAによると、米国では年間7000〜1万2000人が新たに骨髄異形成症候群の診断を受けるという。

 なおレナリドミドは、重度の出生時欠損の原因として知られる薬であるサリドマイドと構造的に似ているため、レナリドミドの同様なリスクの有無については、追加試験を行っている最中だという。そのため当面、事前に登録した医師や薬剤師のみが限定的に処方を行う。

 Revlimidの販売元は、米Celgene Corporation社(ニュージャージー州Summit)。詳しくはFDAのWebサイトのこちらまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176