2006.01.04

世界初の低ナトリウム血症治療薬が米国で登場へ

 アステラス製薬は1月4日、米国子会社であるアステラス ファーマ US社が米国で低ナトリウム血症治療薬コニバブタン(製品名:VAPRISOL、開発番号YM087)が、12月29日に米食品医薬品局(FDA)から、申請適応症の一部である体液正常型の低ナトリウム血症について承認通知を獲得、2006年度早々に発売すると発表した。低ナトリウム血症を適応症とした治療薬はこれが初めてとなる。なおバソプレシンV1aとV2受容体拮抗作用を有する注射剤であるコニバブタンは米国でのみ低ナトリウム血症を適応症とした開発が行われており、日本、欧州では行われていない。

 コニバブタンは、2004年1月に体液正常型及び体液貯留型の低ナトリウム血症を適応症としてFDAに申請し、2004年11月にFDA より承認可能通知を受領していた。その後、追加データなどを提出した結果、まず、体液正常型の低ナトリウム血症について承認を取得したものだ。残りの適応症となる体液貯留型の低ナトリウム血症については、承認取得に向けて今後FDAと協議を行っていくとアステラス製薬はしている。

 低ナトリウム血症は、体内の総ナトリウム量に対して総体液量が過剰になる疾患。全身のナトリウム量と総体液量の関係から体液正常型、体液貯留型、体液減少型の3種類に大きく分けられる。入院患者の電解質異常の中では最も頻繁に認められるもので、米国では年間約3000万人以上といわれる全入院患者の約4%に発症するという報告もあるという。主な症状としては人格変化、傾眠、錯乱などの神経症状。重度の低ナトリウム血症では生命に危険を及ぼす恐れもある。

 コニバブタンはバソプレシン受容体拮抗作用によって、ナトリウム排泄を伴わない排尿により体内の貯留水分を減少させ、体液正常型の低ナトリウム血症患者の血中ナトリウム濃度を改善するという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172