2006.01.04

世界初の低ナトリウム血症治療薬が米国で登場へ

 アステラス製薬は1月4日、米国子会社であるアステラス ファーマ US社が米国で低ナトリウム血症治療薬コニバブタン(製品名:VAPRISOL、開発番号YM087)が、12月29日に米食品医薬品局(FDA)から、申請適応症の一部である体液正常型の低ナトリウム血症について承認通知を獲得、2006年度早々に発売すると発表した。低ナトリウム血症を適応症とした治療薬はこれが初めてとなる。なおバソプレシンV1aとV2受容体拮抗作用を有する注射剤であるコニバブタンは米国でのみ低ナトリウム血症を適応症とした開発が行われており、日本、欧州では行われていない。

 コニバブタンは、2004年1月に体液正常型及び体液貯留型の低ナトリウム血症を適応症としてFDAに申請し、2004年11月にFDA より承認可能通知を受領していた。その後、追加データなどを提出した結果、まず、体液正常型の低ナトリウム血症について承認を取得したものだ。残りの適応症となる体液貯留型の低ナトリウム血症については、承認取得に向けて今後FDAと協議を行っていくとアステラス製薬はしている。

 低ナトリウム血症は、体内の総ナトリウム量に対して総体液量が過剰になる疾患。全身のナトリウム量と総体液量の関係から体液正常型、体液貯留型、体液減少型の3種類に大きく分けられる。入院患者の電解質異常の中では最も頻繁に認められるもので、米国では年間約3000万人以上といわれる全入院患者の約4%に発症するという報告もあるという。主な症状としては人格変化、傾眠、錯乱などの神経症状。重度の低ナトリウム血症では生命に危険を及ぼす恐れもある。

 コニバブタンはバソプレシン受容体拮抗作用によって、ナトリウム排泄を伴わない排尿により体内の貯留水分を減少させ、体液正常型の低ナトリウム血症患者の血中ナトリウム濃度を改善するという。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 70歳代男性。便潜血反応陽性 日経メディクイズ●内視鏡 FBシェア数:0
  2. 定量的輸液の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:15
  3. セクシー男優の疑問を感染症医がずばり解決 Cadetto通信 FBシェア数:847
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:569
  5. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:25
  6. 「見捨てられ感」を払拭する二人主治医制 廣橋猛の「二刀流の緩和ケア医」 FBシェア数:197
  7. 「外科をあなたに任せたい」が移籍の決め手に ルポ:50代の転職(2)◎勤務先の経営者交代により退職を決意 FBシェア数:91
  8. 百日咳、定点から全数把握へ変更、来年1月から 成人含む百日咳患者の発生動向を正確に把握 FBシェア数:95
  9. ピュアに働くほど「やりがい搾取」されるんだよ 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:2
  10. 「点滴は30分ほどで終わります。先にお手洗いに行… 実践!医療英語「このフレーズ、英語で何と言う?」 FBシェア数:0