2005.12.27

アステラス、免疫抑制剤「FK506徐放性製剤」を米国で承認申請

 アステラス製薬の子会社アステラス ファーマ US社(本社:米国イリノイ州)は2005年12月26日、免疫抑制剤「FK506徐放性製剤」(一般名:タクロリムス)について、臓器移植における拒絶反応抑制を目標適応症として米国食品医薬品局(FDA)に承認申請したと発表した。FK506徐放性製剤は、現在欧州では申請準備中、日本ではフェーズ2の段階にある。

 同社開発のタクロリムスは「プログラフ」の製品名で、臓器移植における拒絶反応抑制剤として現在約70カ国で販売されており、今回承認申請したFK506徐放性製剤はプログラフの1日1回投与の徐放性製剤。

 FK506徐放性製剤は1日2回の既存製剤よりも服用回数が少なく、患者のコンプライアンスの向上が図れることから、長期にわたって移植臓器のさらなる保護効果が期待できるという。また、最高血中濃度を低くすることで、既存製剤と同等以上の安全性が期待できるとともに、血中濃度を参考に投与量の調節が可能としている。(星野康)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:174
  2. 「病院⇒介護医療院」の転換、10万床規模にも 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:39
  3. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:48
  4. 67歳女性。右大腿の単発性赤褐色斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 地裁が「パワハラで解雇は無効」 群馬大医学系研究科教授の懲戒解雇処分 FBシェア数:5
  6. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:80
  7. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:47
  8. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:15
  9. 事業譲渡を迫る厚労省に翻弄される化血研 記者の眼 FBシェア数:0
  10. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:44