2005.12.27

アステラス、免疫抑制剤「FK506徐放性製剤」を米国で承認申請

 アステラス製薬の子会社アステラス ファーマ US社(本社:米国イリノイ州)は2005年12月26日、免疫抑制剤「FK506徐放性製剤」(一般名:タクロリムス)について、臓器移植における拒絶反応抑制を目標適応症として米国食品医薬品局(FDA)に承認申請したと発表した。FK506徐放性製剤は、現在欧州では申請準備中、日本ではフェーズ2の段階にある。

 同社開発のタクロリムスは「プログラフ」の製品名で、臓器移植における拒絶反応抑制剤として現在約70カ国で販売されており、今回承認申請したFK506徐放性製剤はプログラフの1日1回投与の徐放性製剤。

 FK506徐放性製剤は1日2回の既存製剤よりも服用回数が少なく、患者のコンプライアンスの向上が図れることから、長期にわたって移植臓器のさらなる保護効果が期待できるという。また、最高血中濃度を低くすることで、既存製剤と同等以上の安全性が期待できるとともに、血中濃度を参考に投与量の調節が可能としている。(星野康)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180