2005.12.27

アステラス、免疫抑制剤「FK506徐放性製剤」を米国で承認申請

 アステラス製薬の子会社アステラス ファーマ US社(本社:米国イリノイ州)は2005年12月26日、免疫抑制剤「FK506徐放性製剤」(一般名:タクロリムス)について、臓器移植における拒絶反応抑制を目標適応症として米国食品医薬品局(FDA)に承認申請したと発表した。FK506徐放性製剤は、現在欧州では申請準備中、日本ではフェーズ2の段階にある。

 同社開発のタクロリムスは「プログラフ」の製品名で、臓器移植における拒絶反応抑制剤として現在約70カ国で販売されており、今回承認申請したFK506徐放性製剤はプログラフの1日1回投与の徐放性製剤。

 FK506徐放性製剤は1日2回の既存製剤よりも服用回数が少なく、患者のコンプライアンスの向上が図れることから、長期にわたって移植臓器のさらなる保護効果が期待できるという。また、最高血中濃度を低くすることで、既存製剤と同等以上の安全性が期待できるとともに、血中濃度を参考に投与量の調節が可能としている。(星野康)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:172
  2. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 75歳女性。構音障害、左共同偏視 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:648
  5. コデイン類含有製剤、12歳未満は禁忌に まずは「重要な基本的注意」で注意喚起、2019年から全面禁忌 FBシェア数:292
  6. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:101
  7. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  8. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:69
  9. 末梢神経障害へのエパルレスタットに要注意 セキララ告白!個別指導 FBシェア数:74
  10. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:217