2005.12.26

T細胞を制御する新しい抗リウマチ薬アバタセプトが米国で認可

 関節リウマチに対する新しい生物学的製剤が米国で誕生する。米Bristol-Myers Squibb社のアバタセプト(商品名:Orencia)で、米食品医薬品局から販売認可を獲得したと2005年12月23日に発表した。

 アバタセプトは既存の腫瘍壊死因子(TNF)を抑制する生物学的製剤と異なり、CD28、CD80、CD86分子を介してT細胞を活性化させる際の補助刺激シグナルを調節することで効果を発揮する薬剤。ヒト化した受容体と免疫グロブリン(IgG)の一部を結合させた構造を持つ生物製剤で、静脈内注射で投与される。作用メカニズムが異なるためTNFアンタゴニストが無効な関節リウマチ患者に効果のある薬剤になると期待されている。

 アバタセプトは、1剤以上の抗リウマチ薬(DMARDs)かTNFアンタゴニストが無効であった中等度から重度の成人の活動性リウマチ患者を対象に、関節リウマチの症状を軽減し、主要な臨床反応を誘導、構造的な損傷の進行を遅らせ、物理的な機能を改善させる薬剤として認可された。単剤療法またはDMARDsとの併用投与が行われる。TNFアンタゴニストとの併用はすべきでないとされ、IL1アンタゴニストであるanakinraとの併用も進められないとされている。

 なお、アバタセプトはわが国ではフェーズ1臨床試験が行われている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54