2005.12.26

T細胞を制御する新しい抗リウマチ薬アバタセプトが米国で認可

 関節リウマチに対する新しい生物学的製剤が米国で誕生する。米Bristol-Myers Squibb社のアバタセプト(商品名:Orencia)で、米食品医薬品局から販売認可を獲得したと2005年12月23日に発表した。

 アバタセプトは既存の腫瘍壊死因子(TNF)を抑制する生物学的製剤と異なり、CD28、CD80、CD86分子を介してT細胞を活性化させる際の補助刺激シグナルを調節することで効果を発揮する薬剤。ヒト化した受容体と免疫グロブリン(IgG)の一部を結合させた構造を持つ生物製剤で、静脈内注射で投与される。作用メカニズムが異なるためTNFアンタゴニストが無効な関節リウマチ患者に効果のある薬剤になると期待されている。

 アバタセプトは、1剤以上の抗リウマチ薬(DMARDs)かTNFアンタゴニストが無効であった中等度から重度の成人の活動性リウマチ患者を対象に、関節リウマチの症状を軽減し、主要な臨床反応を誘導、構造的な損傷の進行を遅らせ、物理的な機能を改善させる薬剤として認可された。単剤療法またはDMARDsとの併用投与が行われる。TNFアンタゴニストとの併用はすべきでないとされ、IL1アンタゴニストであるanakinraとの併用も進められないとされている。

 なお、アバタセプトはわが国ではフェーズ1臨床試験が行われている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256