2005.12.21

「くすりの授業」用スライド公開、児童向けにやさしく解説

 薬に関する患者・市民向け教育活動や薬剤疫学の普及・啓発活動を行っている「くすりの適正使用協議会」(会長はノバルティスホールディングスジャパン社長の大橋勇郎氏)は、「児童向けくすりの授業」用のスライドを、同協議会のWebサイト(http://www.rad-are.com/slide/)で公開した。ユーザー登録をすれば、無料でダウンロードできる。学校薬剤師が小学校の総合学習の時間などで利用することを想定している。

 スライドは全部で約120枚。「くすりのはたらき」「くすりの種類と形」「くすりの飲み方・使い方」「くすりの副作用と相互作用」などについて、基本的なことがらを解説している。イラスト入りで親しみやすく分かりやすい。その日の授業のテーマや時間に合わせて、必要なスライドを組み合わせて用いることもできる。

 同協議会では学校薬剤師に対して、小学校4〜6年生向けにこのスライドを用いた「くすりの授業」の実施を呼びかけている。トライアルに参加する場合、協議会が大型カプセル模型や小型人体模型を貸し出すほか、関連教材を提供する。「くすりの授業」の内容に関するプログラムガイドも作成した(http://www.rad-ar.or.jp/03/08_kyoiku/08_kyoiku.html)。

 同協議会では、児童が薬について理解し、正しく用いるために、薬についての教育が必要との考えから、2004年度に児童くすり教育専門委員会を立ち上げ、学校薬剤師が実践的に使える教材の開発を進めてきた。(北澤京子、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:74
  2. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  3. 70歳代男性。検診の胸部X線 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. ルーチンの読影手順 正常構造をまず確認 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:26
  5. OSA患者のCPAP使用は性生活の質を改善する JAMA Otolaryngol Head Neck Surg誌から FBシェア数:23
  6. 再発で引退も…オーバートレーニング症候群 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:29
  7. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:28
  8. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待 FBシェア数:6
  9. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:100
  10. ティール組織から考える理想の組織って? 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正