2005.12.21

FDAが進行腎細胞がんの治療薬を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は2005年12月20日、進行腎細胞がんの治療薬として、Nexavar (一般名:sorafenib tosylate)を承認した。治験では、Nexavar投与によって進行腎細胞がんの進行または死亡までの期間が、有意に延長したという。

 進行腎細胞がんの患者を対象に行った2つの治験結果によると、がんの進行または死亡までの期間の中央値は、非投与群が84日だったのに対し、Nexavar投与群では167日だった。

 米国では、毎年約3万2000人が新たに腎臓がんの診断を受け、約1万2000人が死亡するという。腎臓がんはまた、米国成人のがんの約3%を占めるとしている。

 Nexavarの販売元は、米Bayer Pharmaceuticals Corporation社(コネチカット州Westhaven)。詳しくは、FDAのプレスリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:294
  2. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:13
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:257
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:4
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:39
  8. 安定狭心症へのPCI、症状改善に有意差認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:0
  9. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  10. インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《Interview》 FBシェア数:3