2005.12.21

FDAが進行腎細胞がんの治療薬を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は2005年12月20日、進行腎細胞がんの治療薬として、Nexavar (一般名:sorafenib tosylate)を承認した。治験では、Nexavar投与によって進行腎細胞がんの進行または死亡までの期間が、有意に延長したという。

 進行腎細胞がんの患者を対象に行った2つの治験結果によると、がんの進行または死亡までの期間の中央値は、非投与群が84日だったのに対し、Nexavar投与群では167日だった。

 米国では、毎年約3万2000人が新たに腎臓がんの診断を受け、約1万2000人が死亡するという。腎臓がんはまた、米国成人のがんの約3%を占めるとしている。

 Nexavarの販売元は、米Bayer Pharmaceuticals Corporation社(コネチカット州Westhaven)。詳しくは、FDAのプレスリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180