2005.12.21

FDAが進行腎細胞がんの治療薬を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は2005年12月20日、進行腎細胞がんの治療薬として、Nexavar (一般名:sorafenib tosylate)を承認した。治験では、Nexavar投与によって進行腎細胞がんの進行または死亡までの期間が、有意に延長したという。

 進行腎細胞がんの患者を対象に行った2つの治験結果によると、がんの進行または死亡までの期間の中央値は、非投与群が84日だったのに対し、Nexavar投与群では167日だった。

 米国では、毎年約3万2000人が新たに腎臓がんの診断を受け、約1万2000人が死亡するという。腎臓がんはまた、米国成人のがんの約3%を占めるとしている。

 Nexavarの販売元は、米Bayer Pharmaceuticals Corporation社(コネチカット州Westhaven)。詳しくは、FDAのプレスリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239