2005.12.20

塩酸ドネペジルの高度アルツハイマー型痴呆への適応拡大申請が米国で再提出

 エーザイは2005年12月19日、同社の米国臨床研究子会社であるエーザイ・メディカル・リサーチ・インクが12月16日にアルツハイマー型痴呆(認知症)治療剤塩酸ドネペジル(製品名:アリセプト)の高度アルツハイマー型痴呆への適応拡大を求めた申請書を米食品医薬品局(FDA)に提出したと発表した。

 同社は2005年8月31日付けで高度アルツハイマー型痴呆への適応拡大申請を行っていたが、FDAからの通知に基づいて、書式の不適合を訂正し再び提出したもの。

 申請書は、FDAが受領後60日以内に提出書類の記載内容を点検したうえで、正式に受理されることになる。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 職員が2グループに分裂、退職相次ぐ事態に 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:40
  2. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:46
  4. 慈恵医大、画像診断所見放置で新たに2人死亡 画像診断報告書の確認漏れが相次ぐ FBシェア数:192
  5. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:245
  6. 怒りのピーク「7秒間」を制する極意 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:24
  7. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:14
  8. ハーボニーが使えないC型肝炎患者はどうなる? 記者の眼 FBシェア数:0
  9. やる気のある職員が定着しない…打開策は? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:116
  10. 「What can I help you wit… 実践!医療英語「このフレーズ、英語で何と言う?」 FBシェア数:1