2005.12.20

塩酸ドネペジルの高度アルツハイマー型痴呆への適応拡大申請が米国で再提出

 エーザイは2005年12月19日、同社の米国臨床研究子会社であるエーザイ・メディカル・リサーチ・インクが12月16日にアルツハイマー型痴呆(認知症)治療剤塩酸ドネペジル(製品名:アリセプト)の高度アルツハイマー型痴呆への適応拡大を求めた申請書を米食品医薬品局(FDA)に提出したと発表した。

 同社は2005年8月31日付けで高度アルツハイマー型痴呆への適応拡大申請を行っていたが、FDAからの通知に基づいて、書式の不適合を訂正し再び提出したもの。

 申請書は、FDAが受領後60日以内に提出書類の記載内容を点検したうえで、正式に受理されることになる。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180