2005.12.16

ユニ・チャーム、花粉用マスクをリニューアル 耳かけ部分の改良でさらにフィット

 ユニ・チャームは「ユニ・チャーム 超立体マスク」花粉用を(15枚入り、520円・税抜)を改良し、2006年1月6日から全国で発売する。サイズはやや小さめ、普通、やや大きめの3サイズ。

 同商品は花粉の大きさとされる30μm以上の粒子を通さない、高密度の不織布を使用。顔の凹凸に合うように設計され、隙間ができにくい。今回改良されて、「従来品よりも耳かけ部分の伸縮性を122%アップしてフィット性を高めた」と同社グローバルマーケティング本部の浮田文彦氏は話す。
 
 同社の調べでは、同商品はガーゼマスクと比較すると、鼻、頬、顎にできる隙間面積が89%少ないという。また、口元に余裕があるので、マスクをしたままでもしゃべりにくくなく、口紅もつきにくい。
 
「ユニ・チャーム 超立体マスク」花粉用は、2003年1月に発売以来シェアを伸ばし、2005年3月にはマスクの販売金額シェアで25%以上を占めたという。

 同シリーズではカゼ用も改良され、10月19日から販売されている(7枚入り、520円・税抜)。カゼ用は、耳かけ部分の伸縮性アップに加えて、カップには消臭作用もつけ加えられた。カップの通気性も130%アップしたという。(清水由貴子、日経ヘルス


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127